3人でお風呂入りたい! 娘の提案に綾瀬はるかの顔も引きつる『義母と娘』

しらべぇ

2018/8/8 14:30


(『義母と娘のブルース』)

大企業で働いていた綾瀬はるか演じる優秀なキャリアウーマンが専業主婦となり、家事と育児に奮闘する『義母と娘のブルース』(TBS系)の第5話が7日に放送された。

良一の病状の変化と、綾瀬の繊細かつコミカルな演技に賞賛の声が集まっている。

■スキルス胃がんの進行ははやく…


みゆき(横溝)と自転車の練習をしている際に、良一(竹野内)が突然倒れる。スキルス胃がんの状況は悪く、一ヶ月前より腫瘍マーカーの数値がかなり悪化しており、転移もみられていた。

その後、亜希子が良一の代わりに会社に行くと、良一の上司である笠原(浅野和之)から驚きの提案が。良一が入院中も査定を下げない代わりに、亜希子が出勤して競合プレゼンに参加&成功させてほしいというのだ。

それを聞いた良一は自分のことを簡単に替えがきく人間であり、会社も亜希子が来たほうが嬉しい…という感じで拗ねて、亜希子に対し、「本当の夫婦じゃない」と言ってしまう。

■良一の病状が奇跡の回復?


そんな家族の状況を見て、みゆき「下山のおばちゃんのお店に帰ることはどうでしょうか」と提案。良一も、亜希子に八つ当たりをしてしまったことを後悔し、治療に専念することを誓う。

そして、競合プレゼン当日。亜希子は見事なプレゼンを披露すると、そのまま良一のいる病院へ。

約束を破り、勝手に病室に戻っている良一に「どうして勝手に部屋を出るんですか!」と声を荒げる亜希子だったが、良一の検査結果は非常によく、目標157%達成という素晴らしい数値であることが判明。

その後、亜希子は一時退院となった良一とともに家に帰り、みゆきとともに幸せな暮らしを再スタートさせるのであった。

■一緒に「お風呂に入りたい」とねだる娘


当初は亜希子に反発していたものの、最近は協力的な姿勢を見せているみゆき。じつはかなり懐いているのか、2人が帰宅するとお願いがあると言って…

「今日は…3人でお風呂入りたい!」

と宣言することに。これにはさすがの戦国部長も顔が引きつり、体もぎこちない体勢に。

その後、3人は布団を並べて川の字で寝ることに。みゆきの将来の彼氏の話になると、亜希子は良一に「その時がきたら良一さんが面接してください」「可能性、見えてきたじゃないですか」と、落ち着いた声で家族の未来について話すのだった。

■無機質なのに表情豊か


これまでこの手のドラマは、往々にして「子供で泣かせる」展開が普通だった。しかし、本作は一見ロボットのような綾瀬が、微妙な表情や声色で感情を表現。

これには、視聴者からも好意的な意見が相次いでいる。







今クールで1、2を争う感動作の本作。次週も楽しみに待ちたい。

《これまでに配信した『義母と娘のブルース』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→綾瀬はるかの手作り弁当が絶望すぎる…『義母と娘』チャート弁当に衝撃

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/みかごろう

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ