「キレッキレで目が釘付けになった」 高校野球にエールを送るダンスに感動

grape

2018/8/8 13:23


※写真はイメージ
2018年夏開催の『第100回全国高等学校野球選手権記念大会』。全国の高校球児が甲子園で優勝を目指して、熱い戦いを繰り広げます。

また、地方予選では地元高校や母校を応援し、甲子園では県の代表を応援するなど、学校の垣根を超えて応援する高校生たちの姿も見どころの1つです。

そんな高校球児たちへエールを送るダンスが注目を集めています。

ダンス強豪校がそろって

高校野球のテーマソングでもある『栄冠は君に輝く』にのせて踊る、キレのあるダンスをご覧ください。


ダンスを踊っているのは、2017年の日本高校ダンス部選手権で優勝した『同志社香里高校』や国際大会で4連覇を遂げた『大阪府立今宮高校』。そして、同年の日本高校ダンス部選手権でバブリーダンスを披露し、準優勝した『大阪府立登美丘高校』のダンス部員たちです。

普段はライバルであるダンス部員が一丸となり、振付を考え、エールを送る姿に目頭が熱くなります。

圧巻のダンスを見て、多くの人が感動の声を上げました。

・振付がすごい!ダンスにもキレがあって釘付けになりました。

・グランドで頑張る選手はもちろん、それを全力で応援する姿にも感動しました!

・頑張る高校生たちの姿を見ていたら、涙が出てきた。すごく素敵な動画ですね。

・100回記念ということでプレッシャーもあったでしょうが、全力でやりきる姿に感動です。

選手たちが練習の成果以上に結果を残せるのは、応援している人の力が大きいのかもしれません。

真剣に応援するダンス部の高校生たち。そして、優勝を目指して一生懸命に試合に取り組む高校生たち。どちらも心から応援したくなりますね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ