ボクシング山根明会長が辞任を表明 「ろれつが回っていない…」と心配の声相次ぐ

しらべぇ

2018/8/8 14:00


((C)AbemaTV

8日、助成金の不正流用や元暴力団組長との交際が明るみになった、日本ボクシング連盟の山根明氏が、辞任することを表明。しかし、会見での山根氏の様子に、インターネット上では心配の声が相次ぐ事態となっている。

■「本当に、申し訳ありませんでした」


8日12時過ぎ、報道関係者からの質疑応答は行わず、声明を発表するとして山根氏の会見が開かれた。

山根氏は7日夜に行われた臨時理事会にて、およそ3時間にわたり組織運営などの対応について議論された結果、自身の進退については本人に一任されるかたちになったことを説明。

そのうえで、「本日を持って辞任いたします」と会長を辞任することを表明した。続けて…

「応援してくれた33都道府県の皆様に感謝申し上げます。また、選手の皆さん、このような問題があったことに対して、法人の会長として申し訳ない。(中略)本日は本当に申し訳ありません」

と、これまで自身を応援してくれた人々への感謝の気持ちを述べ、様々な不祥事について謝罪。また、オリンピックを控える選手たちに向けて「頑張ってほしい」と激励した。

■辞任決意の裏に妻の存在?


山根氏が辞任の意向を固めた裏には、再婚した現在の妻の存在が大きかったことも、会見の場で明かされた。

山根氏が妻に「辞任しようと思う」と伝えると、妻は「これからも会長を死ぬまで面倒見ていく。楽になってほしい」と話してくれたという。

■「ろれつが回っていない」と心配の声


会見を見届けたツイッターユーザーからは、質疑応答のない会見の内容や、山根氏が「ろれつが回っていないように感じた」として、山根氏の健康状態を心配する声が相次いでいる。









直近のTV番組などの取材では「世界では、カリスマ山根と呼ばれている」などと力強く語っていた山根氏。しかし、8日の会見ではろれつが回っていないような話し方であったため「健康状態に何か問題があるのでは?」と、様々な憶測が飛び交う事態に。

山根氏が辞任した後で、日本ボクシング連盟はクリーンな組織に変わっていけるのだろうか。また、山根氏の健康状態も気がかりである。

・合わせて読みたい→山根会長おもてなしリストに、アッコ「あたしはよくある」 ネットは「同類」と批判殺到

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス