【ビルボード】QUARTET NIGHT「FLY TO THE FUTURE」がアニメ・チャートで断トツ首位

Billboard JAPAN

2018/8/8 14:02



8月13日付(集計期間:7月30日~8月5日)の“JAPAN Hot Animation”チャートは、QUARTET NIGHTの「FLY TO THE FUTURE」が制覇した。

「FLY TO THE FUTURE」は、2019年公開予定の劇場アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』より、寿 嶺二、黒崎蘭丸、美風 藍、カミュの4名で構成されたQUARTET NIGHT歌う挿入歌。同曲は、セールス・ポイントとTwitterの2指標で2位以下を大きく引き離すポイントを獲得して1位、ルックアップでも2位となっている。

また、2位にチャート・インしたのはTVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』よりAqoursの「Thank you, FRIENDS!!」。同曲は「FLY TO THE FUTURE」と同じフィールドで強みを見せており、争いの行方がどうなるかに注目していたのだが、ルックアップでは1位を獲得したものの、セールスとTwitterでは1位に一歩及ばず総合で2位に留まった。

そして、3位には映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-』主題歌である菅田将暉の「ロングホープ・フィリア」がチャート・イン。前週の14位から大きくジャンプ・アップを果たした同曲は、ストリーミングで2位、エアプレイ、ダウンロード、ルックアップで3位、セールス、Twitter、動画の再生回数で4位とすべての指標でバランスよくポイントを積み上げている。リスナーと楽曲との接触も多かったことがわかるが、映画が公開されたばかりのため、次週以降も同曲が様々な指標のチャート・アクションに波及していく可能性が高い。引き続き動向を追っていきたいと思う。

今週の上位はセールス力で強みを見せる楽曲が多かったが、ダウンロードで1位を獲得しているのはTVアニメ『オーバーロードIII』のオープニングであるMYTH & ROIDの「VORACITY」。また、スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』の第2部主題歌で、前週アニメチャート1位を獲得した坂本真綾の「逆光」が同指標で2位に続いている。

そして、NHKアニメ『進撃の巨人 Season3』のエンディングであるLinked Horizonの「暁の鎮魂歌」が初登場15位にチャート・イン。9月のリリースに先駆けて先日解禁されたダウンロードでは12位、Twitterでは3位となっており今後順位を上げてくる可能性も十分にあるだろう。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「FLY TO THE FUTURE」QUARTET NIGHT
2位「Thank you, FRIENDS!!」Aqours
3位「ロングホープ・フィリア」菅田将暉
4位「打上花火」DAOKO×米津玄師
5位「マスカット」ゆず
6位「逆光」坂本真綾
7位「VORACITY」MYTH & ROID
8位「バベルシティ・グレイス」アンティーカ
9位「R」Roselia
10位「ミライのテーマ」山下達郎

あなたにおすすめ