『仮面ライダージオウ』先輩ライダーの同時変身に誓う「一年後には本当の絆でつながったライダーに」【写真18枚】


「仮面ライダー」最新作として、9月2日よりテレビ朝日系で放送がスタートする特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』の制作発表会見が7日、都内で開催され、主人公・常盤ソウゴ/仮面ライダージオウを演じる奥野壮らメインキャストが発表された。

「平成仮面ライダー20作品記念」にして、「最後の平成ライダー」となる本作。物語は、2018年を生きる普通の高校生・ソウゴの前に、50年後の2068年の世界から「タイムマジーン」というタイムマシンに乗って2人の男女が現れるところから始まる。

2068年では、人々を苦しめる魔王が世界を支配していた。その世界からやってきた明光院ゲイツ(演:押田岳)/仮面ライダーゲイツは魔王となる前のソウゴを抹殺すべく、ツクヨミ(大幡しえり)はソウゴが魔王とならないように導くために、2018年の世界にやってきたのだった。ゲイツに命を狙われ、ツクヨミに助けられつつ必死に逃走しながら、ソウゴは自らの運命を知ることになる。

一方、未来からタイムジャッカーという歴史を変えようとする者も現れる。彼らの目的は魔王ではない、新たな王を作り出すこと。彼らは自分にとって都合のいい魔王候補と見込んだ人間と契約、歴代の平成仮面ライダーとなる力を与える。例えば、2017年の世界に現れたタイムジャッカーは、桐生戦兎からビルドの力を奪い歴史を変えると、別の人間をビルドにしてしまう。ところが、その人間にはビルドになる資格が足らず、醜い怪人ライダー・アナザービルドとなってしまうのだった。

ゲイツとツクヨミにとって、ソウゴが仮面ライダージオウに変身することは、魔王となる第一歩。何としても阻止しなければならないことだったが、怪人=アナザーライダーが出現したことで、ソウゴはライドウォッチを手に仮面ライダージオウに変身。目の前の敵と戦う決意をする。

お気楽なソウゴは50年後、魔王となって世界を支配してしまうのか? ゲイツとツクヨミは最悪の事態を阻止するため、ソウゴを厳しく監視しつつも、ジオウに変身し、アナザーライダーを倒すソウゴの"正義の闘い"を目の当たりにするうちに心が変化していく。そして、歴史を変えようとするタイムジャッカーたちの真の狙いとは? 各年代のライダーたちとの交流を描きつつ、それぞれの思惑を秘めた闘いが進行していく。
○主人公は2000年生まれの新人・奥野壮

主人公・常盤ソウゴは、高校の進路指導でも「王様になる」と言ってしまう18歳の高校3年生。天才なのか、天然なのか、「なんか行ける気がする」と言ってはやってのける力をもつ。苦境に陥っても笑ってしまうポジティブな思考の持ち主。突然、目の前に現れたツクヨミから「50年後に魔王として世界に君臨する」と未来の姿を告げられても、あっさりと受け入れてしまう。魔王ではなく、人々の幸せを実現する王様になるという夢をかなえるため、仮面ライダージオウとして戦う決意とする。

ソウゴを演じる奥野壮は、2017年に開催された「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」において、フォトジェニック賞と明色美顔賞をW受賞。2018年より、『仮面ライダーゴースト』主演の西銘駿、『仮面ライダーエグゼイド』主演の飯島寛騎らも所属する「男劇団 青山表参道X」に加入している。子どものころの夢は「バレエダンサー」で、クラシックバレエを11年間やっていたのだという。

主演決定の報を受けた時のことを、「放心状態でした。でも家に帰ってからしっかり考えたら、すごく光栄なことだとひしひし感じました」と振り返った。佐藤健や菅田将暉、福士蒼汰や竹内涼真など、近年の「仮面ライダー」出身俳優の活躍は目覚ましいものがある。奥野も、「偉大な先輩たちと同じスタートラインに立てたということで、うれしい反面、僕で大丈夫なのかなという不安な気持ちもありますが、精一杯頑張っていきますのでよろしくお願いいたします」と、初々しく率直な気持ちを語った。

撮影開始から2か月が経過したものの、まだまだ実感はないようで、奥野は「今日もこんなに多くの方に集まっていただいているのですが、自分が仮面ライダーになったという実感はまだ……。9月2日を迎えて、放送を見るまでは実感はわかないのかなと思っています」と、急な環境の変化への戸惑いも口にしていた。

役作りについては、「常盤ソウゴという役は、自信家なところや、楽観的にものごとを見るところなどは僕にも似ているところでした。そういうところとは違う、僕とは似ていない部分で、ソウゴはどう思って言葉を発するのかなということを考えて演じるようにしています」とコメント。なお、奥野の好きなライダーは『仮面ライダーキバ』で、理由は「カッコいいからです!」とのこと。押田によると現場では「壮」と呼ばれており、「17歳とは思えないくらいしっかりしている。しっかりと考えて準備してくるし、根っこがしっかりして、肝が据わっているので仮面ライダーに向いている」と評された。

会見では、さっそく仮面ライダージオウへの変身ポーズも披露。指先まで気持ちの入った、バレエ経験者ならではのポーズで、決め台詞「俺は王様になる!」もカッコよく決まっていた。

ソウゴが変身する仮面ライダージオウは、時計がモチーフとなったデザインだが、それ以外にも大きな特徴が。奥野もビジュアルも初めて見た際に、「顔に"ライダー"……! なのになんかカッコいいんですよね。最初はそう書いてあることに気が付いていなかったんです。僕の場合は『ケン』とか『ジュウ』とか"カタカナ"なんですけど、ゲイツは"ひらがな"。実は足の裏には『キック』って入ってるんですよ。ライダーキックの時に見られるんじゃないかな」と、まさに隠れた見どころに言及した。
○2人目のライダー「ゲイツ」俳優は、夢が仮面ライダーになること

明光院ゲイツは、50年後からきた戦士で18歳。2068年、レジスタンスとして魔王と戦っていたが、苦戦を強いられ、魔王が覚醒する前に倒すためソウゴの命を奪おうと2018年の世界へ現れる。しかし、同じ世界からやってきたツクヨミに「ソウゴが本当に魔王になるのか見届ける必要がある」と説得され、しぶしぶ承諾。ツクヨミとともにソウゴが住む「クジゴジ堂」の2階で生活することになる。

ゲイツを演じる押田岳は、2016年度「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリを受賞し、さまざまなジャンルで活躍中の21歳。『ジオウ』出演が決まって押田は、「歴史のあるライダー作品に関われると知った時は、とても驚きました。僕はオーディションを受ける前から、"仮面ライダーになる"ことを夢にしていて、これからの自分の目標をまとめた"未来設計図"に『今年は仮面ライダーになる!』としっかり書いていたんです。ですので、報告を受けた時はこれでその第一歩を踏み出すことができると思いました」と、力強く語った。さらにMCから「"未来設計図"でこれからの目標は?」と聞かれると、「大きなことを言いますが、アカデミー賞とか取れたらいいなと思っています」と、野望を語っていた。

押田が演じるゲイツは、"未来からやってきた"少年であることから、役作りをする際にも「ゲイツの過去や、これから歩もうとする考えを自分で妄想しながらキャラを固めていきました。それに加えて、自分と近いところと遠いところを分けて、遠いところは自分を寄せる、近いところはそこをしっかり表現できるようにしていくというところを意識しました」とコメント。なお、押田の好きなライダーは『仮面ライダー剣』の仮面ライダーカリス。これについて押田は、「僕の今回の役と似ているところもあるので、そこも見ていただけたらなと思っています」と語っていた。奥野によると現場では「がくくん」と呼ばれており、「真面目で真っすぐでピュア」だという。会見でも、そうした雰囲気を十分に感じることができた。

ゲイツが変身する仮面ライダーゲイツは、「ゲイツライドウォッチ」で変身するもう一人のライダー。赤いボディーで、マスクには「らいだー」の文字がデザインされている。押田は自身が変身するライダーのビジュアルについて、「インパクトがあったんですけど、顔に『らいだー』って描いちゃうくらい、この20作の平成ライダーの愛がつまったビジュアルだなというふうに感じています。ジオウと並んで立った時に、ゲイツは未来からきた"戦士"なので、"戦士"としてのカッコよさもある。(人気が出るように)中身のキャラクターもしっかり作っていきたいと思っています」と語った。変身ポーズについては、「アクション監督と一緒に練習しました。最初は変身の振り付けを渡されるんですけど、あとはキャラと自分を入れて味付けしていく感じです」と説明した。
○ヒロインは2018年注目の美少女

本作のヒロイン・ツクヨミも、ゲイツと同じく50年後の未来からやってきた18歳の少女。ソウゴの命を奪うために2018年の世界に現れたゲイツを追って2018年にやってくると、いち早くソウゴに接触。ソウゴを抹殺するのではなく、魔王の力を手に入れないよう働きかける。ソウゴの強い正義感と想像を超えた力を認め、ソウゴの戦いをサポートするようになる。

ツクヨミを演じる大幡しえりは、埼玉県出身の19歳。2017年テレビ朝日ドラマ『女囚セブン』囚人菊池徹子役、TBSドラマ『監獄のお姫さま』新人刑務官 高山沙也香役など、近年多くのドラマに出演し、注目を集めている。「事務所でマネージャーさんに聞いたんですけど、初めはうれしいという気持ちよりも、驚きのほうが勝っていました。仮面ライダーのヒロインという大役に自分が選ばれるなんて……と思って、最初は不安でした」と、出演決定を知った瞬間を振り返った。

役作りについて大幡は、「50年先の未来からきたという役なので、未来が描かれた本を読んだり、アクションの体力づくりのためにジムに行ったり、ケガをしないように柔軟をしたり。衣装では未来ではマントをいつも着ているんですけど、私服の時はネイルメイクがちょっと違っていたりして、そういうところで変化が出ていると思います。憧れのお姉さん的存在になれればいいかなと思っています」と語った。タイムトラベルものが好きという大幡の好きなライダーは『仮面ライダー電王』。奥野によると現場では「しぇりさん」と呼ばれており、「本人は断固拒否するのですが、僕らからすると"天然"で僕らの癒しです」と紹介された。
○謎の預言者役・渡邊圭祐、ブレイクの法則は決まった!?

50年後の未来からきた謎の預言者であるウォズは、常に本を手にしており、突然ソウゴの目の前に現れ、未来を予見するような言葉をつぶやくと姿を消す。ソウゴのジオウとしての戦いをサポートするという。すべてはソウゴを正しく導くためらしいが、果たしてその目的は?

ウォズを演じる渡邊圭祐は、仙台でモデルとして活躍していた24歳。地元ではCMなどにも出演していたが、役者のオーディションは『仮面ライダージオウ』が初めてだったのだという。オーディション時はまだ仙台に住んでいたという渡邊は、「オーディションがひと段落したところで明日東京の事務所に来てくれというふうに急に呼び出しをくらいまして、『何かしたっけかなあ……』と、本当にいろいろと変な汗をかきながら東京に行ったんです。そうしたら、『事務所で仮面ライダーの出演が決まりました』というふうに言っていただきまして……」と振り返ったが、「本当は喜びたかったんですけれど、喜ぶスキすら与えないくらいのスピードで、急に採寸が始まるっていう。僕自身のデータがまったくないみたいで(笑)。全身の何から何まで測るので、そっちのほうにびっくりしちゃいました」と、驚きを語っていた。

環境も劇的に変化したそうで、「仮面ライダーの出演が決まったことで、生活の拠点を仙台から東京に移しました。2か月くらいなんですけど、生活がガラッと変わりすぎて、まだまだ東京についていけてないです。仮面ライダーの撮影もなんですけど、東京という街にもまずは慣れていかないとなと思っています」とコメント。MCから『ジオウ』出演の実感はありますか?と尋ねられると、「ないですね。ずっと『ドッキリだよ』というふうに伝えられているので……」と、今でも戸惑っていることを明かした。

役作りの上で渡邊は、「ウォズは、僕とまったく真逆の人物。何が起きても飄々として達観しています。ですので、普段から何が起きても冷静に対応できるよう心掛けて生活はしていました」と、普段からウォズを意識。なお、奥野によると現場で渡邊は「圭祐くん、圭祐さん」と呼ばれており、「いつも誰かしらにちょっかいを出している気さくな人」であるとのこと。好きなライダーは『仮面ライダー龍騎』で、「物語にも人間味があり、今までとまた違ったもので衝撃がありました」と語った。

「僕自身のデータがまったくない」と自身が語るほど、サプライズの出演決定だったという渡邊。とはいえ、『仮面ライダーカブト』の水嶋ヒロや『仮面ライダー電王』の佐藤健など、数々のスターを見出してきた東映の白倉伸一郎プロデューサー、武部直美プロデューサーが手掛ける本作だけに、今後の活躍が大いに期待されるキャストだ。『仮面ライダーアギト』で要潤の出演をめぐるエピソードで、オーディション前に白倉氏が廊下ですれ違った時に即決するウルトラCで社内を驚かせたという逸話が思い起こされた。
○"おやっさん"枠に生瀬勝久

さらに主人公たちをサポートする、いわゆる"おやっさん"枠である常盤順一郎役には、実力派俳優として数々のドラマに出演する俳優の生瀬勝久。順一郎はソウゴの大叔父で時計店「クジゴジ堂」の店主。時計専門のはずが、電化製品などの修理をなんでも引き受けてしまうお人よし。「王様になる」というソウゴの将来を案じてはいるものの、強制などはせずのびのびと生きるソウゴを優しく見守っている。ソウゴと二人暮らしだが、ゲイツとツクヨミに部屋を貸し、彼らの分のお弁当まで作る好人物。彼の何気ない言葉がアナザーライダーにまつわる事件解決のヒントになることも。

人気ドラマシリーズ『トリック』では、歴代平成ライダー俳優との共演も豊富な生瀬。この日はVTRで出演し、「小学校の時に『仮面ライダー』シリーズが始まりまして、その時はいち視聴者ですから、そこに出演するなんて、夢にも思っていませんでした。まだ探り探りなんですけれども、私は普通の人間なので、ソウゴくんを応援する形で関わっていきたいと思っております」と語った。
○歴代平成ライダーが続々登場!?

VTRではさらに、現在放送中の『仮面ライダービルド』から桐生戦兎(演:犬飼貴丈)、万丈龍我(演:赤楚衛二)が、『仮面ライダーエグゼイド』から宝生永夢(演:飯島寛騎)、鏡飛彩(演:瀬戸利樹)が『ジオウ』に出演することが発表された。

先輩ライダーとの共演について奥野は、「やっぱり一年間やってきたという重みが、お芝居や変身ポーズににじみ出ている。僕らも一年間頑張ればそこにいけるのかなっていう気持ち……です。みなさんから一年間辛いと思うよ、これからしんどくなるよ、今はまだマシなだけだよ、覚悟しておいたほうがいい、ということを言われたので、気を引き締めていきたいと思っています」と語り、笑いを誘った。

大幡も「とにかくカッコよかったです。一年二年違うだけでこんなにも違うのかとすごい思って、変身ポーズを初めて見た時は、かっこよすぎて、いろんな人にずっと『カッコいい!』としつこいくらいに言っていたんですけど、そんなカッコいい先輩に一年後にはなれるように成長していきたいと思いました」と成長を誓った。

さらに渡邊は、「人間としての厚みが違うなって。一年間やってきたぞという自信からくるものだと思うんですけど、僕より全然年下の方もいるんですけど、『本当に!?』っていうくらいしっかりしている。すごい余裕をもって現場にいって、カメラがまわるとしっかりバシッて決める。そういう違いにびっくりしました。一年間やらせていただけるので、そういうところも成長していけたらなと思っています」と語った。

一話でジオウと同時変身したことに言及した押田は、「先輩方の同時変身は本物の絆でできている同時変身なんです」と、共演時に感じたという。「僕らはまだ合わせながらやっている。一年後には本当の絆でつながったライダーになりたい」と、熱い気持ちを語った。

気になるのは、今後さらに歴代仮面ライダーが登場するのかというところ。それについて奥野は、「僕らもそれをのぞんでいます。期待してください」と呼びかけていた。

『仮面ライダージオウ』は、2018年9月2日よりテレビ朝日系で放送スタート。

(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス