【緊急】ボクシング山根明会長が会見で辞任を発表「本日をもって辞任をいたします」「私は12時を過ぎてもおはようございます」



パワハラや横領などで問題視されている日本ボクシング連盟会長の山根明氏(78歳)。もともと暴力団のヤクザだったことが判明して物議をかもしている山根明会長だが、そんな彼が記者会見を開き、そこで「本日を持ちまして辞任をいたします」と断言。大きな反響を呼んでいる。

・大阪の会見会場に現れた山根明会長
山根明会長の記者会見が開かれたのは2018年8月8日(水曜日)12:30のこと。大阪府の会見会場に現れた山根明会長は堂々とした態度で、大勢の記者やカメラマンが集まるなか、まったく動じず会見に対応。まさに、わが道を行く圧倒的不動の態度。

・断言した山根明会長の心理
そんな記者会見で「本日をもって辞任をいたします」と断言した山根明会長だが、いままで「絶対に辞任しない」と発言していただけに、その言葉の魔逆の決断をしたかたちとなった。どうしてこのような会見をしなくてはならないのかと、心の中では、胃液がグツグツと煮えるほど怒り心頭で屈辱的な会見だったに違いない。

・山根明会長は辞任する理由が嫁の影響
会見はほぼ定時で開始され、「おはようございます。私は12時を過ぎてもおはようございます」という挨拶からはじまった。そして会長は辞任する理由が嫁の影響であることを話し、その経緯を以下のように語った。

・山根明会長のコメント
「わが嫁にあたる、いま現在再婚している嫁に相談し、辞任をしたいと言われたので言いました。それじゃ、私はどういうことがあっても会長を死ぬまで面倒をみていくから、いまは楽になってくださいと言われたので、私は決意をしました」

・会見ではないことが判明
やや日本語的に意味不明な部分もあるが、嫁に相談したところ、辞任して楽になってくださいと言われた様である。しかし今回の記者会見、当初は「記者会見」といわれていたが、実は「声明の場」であり、会見ではないことが判明。そのため、どの記者も質問はできず、数分で山根明会長が立ち去り、終了した。

しかしながら、山根明会長が過去に犯してきた女性に対する執拗なパワハラや、横領に関してはまったく解決されておらず、今後の訴訟など、さまざまな点なおいて注目を集めそうだ。

【続報】
【速報】ボクシング山根明会長が記者会見のコメント全文を掲載 / 涙目になりながら辞任を決断





もっと詳しく読む: ボクシング山根明会長が会見で発表(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/08/yamane-resignation-apology-news/



あなたにおすすめ