マツダ、CO2排出量低減検証でサウジアラムコ社・産総研との共同研究開始を発表

マツダは2018年8月8日、サウジアラムコ社(Saudi Aramco)および国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)と、内燃機関の効率化とCO2排出量低減の有効性の検証に関する共同研究を開始すると発表した。

この研究では、サウジアラムコ社が燃料採掘から精製過程でより低CO2排出となる燃料を開発し、マツダと産総研はその燃料を使用する高効率なエンジンに関する研究開発を行う。この取り組みにより、燃料採掘から車両走行までを通したWell-to-Wheel視点での効果的なCO2低減技術の開発などの成果が期待できるという。

【共同研究 概要】・研究テーマ:低CO2燃料の開発および当燃料を使用する内燃機関の研究・実施体制:サウジアラムコ社、産総研、マツダ

マツダは、2017年8月に発表した「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、燃費の良い(CO2排出量の少ない)Tank-to-Wheel視点による内燃機関やクルマを開発だけでなく、燃料採掘から車両走行まで視野に入れたWell-to-Wheel視点での総CO2排出量に着目、地球環境負荷軽減に努めている。この研究を通じ、これまで取り組みを継続してきた低CO2排出技術をさらに追究し、「すぐれた環境安全性能」と「走る歓び」を両立したクルマをグローバルに広く提供し、さらなる省資源化や地球環境保護への貢献をめざすとしている。

サウジアラムコ社 公式サイト国立研究開発法人産業技術総合研究所 公式サイトマツダ オフィシャルウェブサイトマツダの「環境への取り組み」

マツダ 関連情報

あなたにおすすめ