水上バイクでジャンプし… 死亡の男性に「スタントマンじゃないのに…」の声

しらべぇ

2018/8/8 13:00


(Click_and_Photo/iStock/Thinkstock)

7日午前11時頃、北海道の洞爺湖で水上バイクに乗っていた男性(48)が死亡する事故が発生。

その痛ましさと、はしゃぎ過ぎたと思われる様子に、ネットでは様々な声があがっている。

■高波をジャンプで越えようとして死亡


読売オンライン」によると、現場は湖岸から約300メートル沖の地点。男性は高波をジャンプで越えようとして体勢を崩し、バイクの全部で顎を強打。頭蓋骨を骨折し、間もなく死亡が確認されたという。

水上バイク関連の事故は5日にも起きており、兵庫県淡路市室津の室津海水浴場でバナナボートと水上バイクが接触。1人が死亡し、2人がケガを負っている。

■同情の声相次ぐ


この報道に対し、ネット上では…

・顎から頭部骨折って痛そうやな…

・はしゃぎ過ぎたんかなあ

と、同情の声が。

■「スタントマンじゃないんだし…」の声も


一方、危険な行為をした男性に対し、「スタントマンじゃないんだし」と苦言を呈す人も。

・スタントマンではなく素人がやったら、そりゃ確実に死ぬわな

・スタントマンとかなら無事着地なんだろうけど、素人がこんなことやったら超危険だった。でも、まさか死ぬとは当人も思っていなかったでしょう

・なぜジャンプしようと思ったのか

・元気なジィジやな。衰えに気付かなかったんやな

■「九死に一生」経験率は2割


しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1348名を対象に調査を実施。その結果、「九死に一生を得る体験をしたことがある」と回答したのは、全体で19.3%だった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

病気になる可能性が高くなる中高年でなくても、1割程度の人は「九死に一生」を経験済み。事故をはじめとする、不測の事態に巻き込まれることは、決して他人事ではないようだ。

お盆休みを前に、夏のレジャーの危険性を改めて確認しておきたい。

・合わせて読みたい→「先輩ヅラ」が気に食わず暴行 逮捕の16歳女子高生らの「恐怖の三択」に絶句

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス