こっそり頼りがいをアピール!夏のデートで年下男子を甘えさせる方法4つ

愛カツ

2018/8/7 12:45


素敵な出会いがあっても相手が年下と分かった途端にどんな方法でアピールしていいのか分からなくなってしまうといった人は多いのではないでしょうか。

しかし、夏はイベントが多くアプローチを仕掛けるにはうってつけの季節。そこで今回は夏のデートで年下男子を甘えさせる方法をご紹介します。



■ 1:「ほら行くよ」と彼を引っ張る

女性は「彼氏は年上がいい」という人が多いことから、年上の男性と年下の女性というカップルが大多数。しかし、男性は年上の女性が嫌いというわけではありません。むしろ、「年上の女性と付き合いたい」という男性も多いもの。そういった男性は女性に引っ張っていってもらいたいと思っているのです。

ならば頼りがいをアピールするのも1つの方法です。特に夏祭りがオススメ。花火大会などへいったら浴衣姿で彼を振り返り「ほらいくよ」と引っ張ってみてください。きっと彼も喜ぶでしょう。

■ 2:ドライブは車を出してあげる

デートは常に都内というカップルは少ないでしょう。夏ならば河原にバーベキューをしにいったり、海を見にドライブデートといったプランも人気。もし車を持っているなら「車出そうか?」と提案してあげると彼も喜ぶはず。

行きは彼の運転で帰りはあなたが運転するといったように交代でドライバーを変えると男性の負担も減って居心地のいい女性をアピールできます。

■ 3:ファミレスでセルフドリンクを取ってくる気遣い

夏はイベントが多いとはいっても毎回はしんどいですよね。街へ繰り出してショッピングをすることもあると思います。しかし、猛暑や夕立の多い夏場はファミレスやカフェをはしごしたりして休みながら移動することが多いでしょう。

そんな時は頼りがいをアピールするチャンス。ドリンクがセルフとなっているお店に入ったなら、飲み物を取ってきてあげると喜ばれます。ポイントとしては「取ってきてあげるよ」というのではなくさも当たり前のように「何飲む?」と訊ねること。

■ 4:男性のデートの失敗は笑って流す

デートでは失敗はつきものです。道に迷ってしまったり、映画を見る約束をしていたのに、遅刻してしまって上映時間に間に合わなかったなんてこともあるかもしれません。男性がそんな失敗をしてしまったなら、「何やってんの?」とせめるのではなく、「じゃあ、水族館行こうか」と失敗を笑って許し、さりげなくフォローしてあげるといいでしょう。

■ 5:おわりに

いかがでしたか?

今回は男性を甘えさせて虜にするテクニックを紹介しました。デートプランを考えることを面倒だと感じる男性は多いもの。逆に女性は異性のそういった部分を嫌がる傾向にあります。

しかし、上手くフォローしてあげることで年下の男性をなつかせることができます。あなたの居心地の良さにもう離れたくなくなること間違いなし。(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ