杉咲花が岩⽥剛典を支える 『パーフェクトワールド君といる奇跡』病室の場⾯写真解禁

AbemaTIMES

2018/8/8 12:00


 10月5日(金)公開、岩⽥剛典×杉咲花がW主演を務める映画『パーフェクトワールド君といる奇跡』から、病室での場⾯写真3枚が新たに解禁された。


 ⼤切な⼈に読んでほしいラブストーリーNo.1、有賀リエの⼤⼈気漫画『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社)が、『パーフェクトワールド君といる奇跡』というタイトルで映画化。10⽉5⽇(⾦)より全国公開となる。

原作は「好き」だけでは乗り越えられない壁に直⾯しながらも、恋する気持ちを真っ直ぐに伝えて前に進もうとする主⼈公たちの姿に共感し、⼼を打たれる感動作として、今、⼥性を中⼼に⽀持を集めている。主⼈公の鮎川樹(あゆかわ・いつき)役を演じるのは、数々のドラマや映画に⽴て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩⽥剛典。そして、樹をひたむきに想い続けるヒロインの川奈つぐみを、映画初主演となり、その存在感と演技⼒で注⽬を浴びている杉咲花が演じる。

インテリアコーディネーターの川奈つぐみと、つぐみの⾼校の先輩であり、初恋の相⼿でもある建築⼠の鮎川樹の偶然の再会からはじまる本作。爽やかな⾼校時代の思い出とともに、当時伝えられなかった想いがよみがえるつぐみが⽬の当たりにしたのは、⾞イス⽣活により様々な壁が⽴ちはだかるも、夢を諦めずに⽴ち向かう樹の姿だった。初恋の⼈との再会によって、つぐみの⼼に再びあふれてくる「好き」の気持ち。

そんな再会から数⽇後、樹が⾼熱を出して⼊院したことを知ったつぐみは、病院に駆けつける。そこでつぐみが⾒たのは、病院のベッドの上で、翌⽇に提出しなければならない建築コンペ⽤のプレゼンテーション資料を仕上げようとする樹の姿だった。「また次、頑張ればいいじゃないですか!」と必死にやめさせようとするつぐみ。しかし、「次があるかわからないのに……今やらなきゃダメなんだ」と、樹は全く聞く⽿をもたず、仕事を続けている。そんな必死な樹の姿を⾒て、資料の仕上げであるデザインパースの⼤事な⾊付けを「やらせてくれませんか?なんて無理ですよね……私が塗って台無しになったら……」と申し出るつぐみ。そんなつぐみに対して、樹は「川奈が塗って。台無しになんかなりっこない……俺、川奈の絵が好きだった」と、筆を預ける。

 この度、解禁されたのは、そんな⼆⼈の恋が芽⽣え惹かれあっていく、病室での場⾯写真だ。夜が明け、つぐみはデザインパースの⾊付けを仕上げていく中で樹への想いがあふれてくることに気づく。樹もまた、つぐみの真剣な横顔を⾒つめ、いとおしさを感じ、⼀⽣諦めていた恋をする気持ちが再びあふれてくることに気づく。朝の優しい光に包まれながら⼆⼈で描き上げたデザインパースを⾒て喜ぶつぐみと樹。疲れきって寝てしまう樹の⼿にそっと⼿を添え、つぐみのあふれてくる想いが垣間見られる場⾯写真となっている。

⼤切な⼈と“今”を⼀緒にいられる幸せ、この奇跡がある世界こそ<パーフェクトワールド>だと気付かせてくれる本作は、デートにもおすすめ間違いなしの、⼤切な⼈をもっと⼤切にしたくなる珠⽟のラブストーリー。映画『パーフェクトワールド君といる奇跡』は10月5日(金)全国公開となる。

ストーリー
 インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、⾼校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩⽥剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は⼤学⽣の時に事故にあい、⾞イスに乗る⽣活を送っていた。最初は⼾惑うつぐみだったが、建築⼠として前向きに⽣きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。「私は――先輩が好きなんだ、今でも」そんなつぐみのひたむきでまっすぐな想いに、「⼀⽣、ひとりで⽣きていくって決めたんだ」とかたくなだった樹も⼼を開いていく。⼀緒にいる幸せを見つけた2⼈だったが、やがてある事件が起き……。⼤切な⼈と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2⼈がたどりついた結末とは……。

(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会

あなたにおすすめ