吉木りさ、結婚後初イベントで幸せオーラ 子どもは「2人ほしい」

 タレントの吉木りさ(31)が8日、都内で行われた「ロクシタン渋谷店ブーケ・プロヴァンス」オープニングセレモニーに出席。昨年11月に俳優の和田正人(38)と結婚後、初のイベントに姿を見せた。

 先月、結婚披露宴を執り行ったばかりの吉木。左薬指に指輪を光らせながら「終わってやっと落ち着いたところです」と報告。人生初のウェディングドレスは「重みがあった。まさか私がきるとは全く想像していなかったので感慨深い。奥さんになったんだなという実感が湧いた」としみじみで、「旦那さんは照れくさそうに『ドレス姿すごくかわいいね』って言ってくれました。式の準備も私より頑張ってくれて、すべてにおいて監督でした。頼りがいあった」とのろけると、司会者が「ごちそうさまです」とにっこり。すると「すいません、私自慢しかしてない」と謝りつつも、幸せオーラ全開だった。

 結婚後の変化を問われると「自分の名前が変わってすごく新鮮。病院で和田さんと呼ばれると新鮮でうれしい」と吉木。また「夫がすごく人との縁を大事にする人。私は友人関係すごく少なかったけど、もっと色んな人とご縁を作りたいという気持ちができた」と影響を受けたことを明かした。今後は「温かい家庭を作れればい。お花がいっぱいあるような家庭にしたい」と抱負を述べ、子どもに関しては「授かりものなのでわからないですが、いつかは。夫と2人はほしいかなと話しています」と明かした。

 最近は三浦翔平(30)と桐谷美玲(28)、勝地涼(31)に前田敦子(27)と芸能人同士の結婚が増えているが、“先輩”としてアドバイスを求められると「お互い同じ仕事しているとどれだけ大変なのかわかる。夫が映画やドラマに集中したいときは影で見守って、夜食を作ったりさりげなくサポートすることを心がけていますね」と話した。

あなたにおすすめ