レンジでかんたん調理♪ おやつとしても食べられる「かぼちゃの茶きん包み」

レタスクラブ

2018/8/8 11:30

夏場のビタミン源としておすすめの「かぼちゃ」。β-カロテンの含有量は野菜の中でもトップクラスで、うり科の中ではいちばん高エネルギーの食品です。国産品は今が旬真っ盛りなので、おいしい時期にたくさん食べて栄養補給しておきましょう。

今回は、「かぼちゃの茶きん包み」をご紹介。バターのコクがかぼちゃの甘みを引き立て、かぼちゃそのもののうまみを味わえる1品です。加熱は電子レンジにお任せなので、調理がラクチンなのもうれしいポイント。副菜やおつまみ、小腹が空いた時のおやつとして、ぜひ作ってみてくださいね。

■ かぼちゃの茶きん包み

【材料・2人分】

かぼちゃ 1/8個、バター、砂糖、塩

【作り方】

1. かぼちゃは皮を除いて一口大に切り、ラップで包んで電子レンジで約4分加熱する。かぼちゃがやわらかくなったらボウルに入れ、フォークでつぶす。

2. バター大さじ1、砂糖小さじ1~2、塩少々を加えて混ぜる。ラップに半量ずつのせ、茶きん絞りにする。好みで黒いりごまをのせても。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分119Kcal、塩分0.4g)

茶きん絞りにする際は、まずペースト状にした食材をだんごのようにまとめます。次にぬらしてかたく絞ったふきんやラップなどで包み、口を絞って形づくればでき上がり。仕上げに黒いりごまをふりかければ、こうばしさをプラスできますよ。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/157057/

あなたにおすすめ