今夜『高嶺の花』仲が進展したももと直人 家族に紹介するため月島家へ

 女優の石原さとみが、華道の名門『月島流』本家のお嬢様・月島ももを演じ、峯田和伸が扮する自転車店店主・直人と恋に落ちる格差恋愛を描くドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が、今夜放送。第5話では、直人との仲が進展したももが、直人を結婚相手として月島家に連れて行き、家族に紹介する様子が描かれる。

【写真】『高嶺の花』第5話フォトギャラリー

一夜を共にしたももと直人は、恋人関係を深める。ももは、家族に直人を紹介しようと、家に招待。『月島流』家元で、ももの父である市松(小日向文世)に対して、自分は直人と結婚するから、次の家元は、異母妹のなな(芳根京子)にするよう頼む。突然の結婚話に内心驚きを隠せない直人だが、ももに話を合わせる。すると市松は、自分に背くなら、ももを破門にすると告げる。

一方のななは、新進気鋭の華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)への思いを深めていく。しかし龍一はななの母であるルリ子(戸田菜穂)と密会を重ねており、ななはそのことを知らない。龍一に会いに行ったももは、家元になるななを守ってあげてほしいと伝える。

そんな中、ももの元婚約者の吉池拓真(三浦貴大)が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせて逃亡する事件が起きる。慌てて病院に駆けつけたももに、市松は、ももの知らない母親の話をし始めるのであった。

『高嶺の花』第5話は、日本テレビ系にて今夜8月8日22時放送。

あなたにおすすめ