【ノートeパワーニスモ ニスモパーツ装着車試乗】ワインディングでベストフィールを発揮。熱きDNAが今、ざわつく

clicccar

2018/8/8 11:04


先日、48年ぶりに登録車販売ランキングで1位を獲得した日産のコンパクトカーがノートです。エンジン車も人気ですが、販売台数のけん引役となったのはシリーズハイブリッド車のeパワーであることは疑いありません。

そんなノートeパワーをベースにロードカーとしてチューニングされたモデルがノートeパワーニスモです。今回試乗を行ったのはノートeパワーニスモにニスモパーツが装着された仕様となります。

パワーユニットのチューニングはスポーツリセッティング呼ばれているECM(エンジンコントロールモジュール)の変更によって行われています。ECMという名称ですが当然、モーターやジェネレーターのコントロールも同時に行われています。

乗ってみると加速感が力強くなっているのはもちろんですが、アクセルペダルを戻したときの減速感が強くよりラクラクとワンペダルドライブができます。今回の群馬サイクルスポーツセンターの試乗コースですと70%程度のペースで走ると3カ所くらいしかブレーキを使う場面はありませんでした。

ハンドリングには劇的な変化がありました。ノートeパワーニスモの標準車はオープンデフなので、コーナーでロールが大きくなりイン側タイヤのグリップが落ちたほうにばかりトルクが伝わってしまうのですが、試乗車にはヘリカルLSDが装着されていたので、ロールした状態からアクセルを踏んでもクルマが前に進みます。コーナリング時の脱出速度はかなり稼げる仕様でしょう。

かつて日産はサニーやマーチにスポーツモデルを設定してきました。コンパクトカーの主流がマーチからノートに移って、ノートになったときにはスポーティモデルは根絶されたかと思うこともありましたが、そのDNAはきちんと残り、心を躍らせてくれました。

(文/諸星陽一 写真/小林和久、ウナ丼)

あなたにおすすめ