爆笑問題太田の“日芸裏口入学”記事に太田光代社長「許さない。絶対、許さない」

8日発売の一部週刊誌が報じたお笑いコンビ・爆笑問題太田光の“日本大学芸術学部裏口入学”の記事について、「絶対。許さない」と太田の妻であり彼らが所属する芸能事務所「タイタン」の太田光代社長が自身のツイッターで怒りをあらわにしている。特に記事にある既に他界している父・三郎さんが対価を支払った―という部分が、“アーリン父様に侮辱した”と許容できないようだ。

記事よると、ひとり息子を溺愛していた三郎さんが何としても日大に合格させようと、指定暴力団組長の愛人芸者の娘から紹介を受け、知られていない“裏口入学ネットワーク”へ依頼したとある日大関係者が語っているという。1次試験前日くらいに太田光をホテルの部屋に缶詰にし、本番と同じ問題を解かせたというのだ。三郎さんはその対価として800万円を支払ったとされている。

太田は記事になる前の週刊誌の取材に「身に覚えはない」と否定、7日深夜放送のラジオ番組『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBS)では「(ホテルに)缶詰めになって指導されたとか、全くそんなことはない」とし、この証言をした関係者と「公開討論したっていい」とまで言い切った。

この日、同ラジオ番組が終了する直前に『太田光代(ota324)ツイッター』で「アーリン父様に侮辱を。死んでいる人に確認のしようが無いのを。とと様はもう七回忌を迎えているのよ。許さない。絶対。許さない。」(原文ママ)との投稿があった。この文面には太田の妻、爆笑問題の事務所の社長としてだけではなく、三郎さんの名誉のためにも戦う覚悟が感じられる。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ