民放女子アナ「格付け査定」を公開する(2)親しみやすさでトップに輝いた日テレ・水卜麻美

アサ芸プラス

2018/8/8 09:57


「成功する女子アナBEST10」のトップに輝いたのは、ここでもまた水卜アナだった。

「容姿については誰もが認める美人では決してないが、それが親しみやすさにつながっている。独立するなら人気絶頂の今がいいけど、本人的には今退社して『後進を育てていない』というイメージダウンを避けたい、という思いがあるのでは。それくらい、日テレ局内では突出した高評価と存在感です」(ベテラン日テレ社員)

代理店関係者もこれに同意する。

「正直、水卜アナが出演する番組と、別の後輩アナの出演番組とでは、企業が出資するかしないかの判断のスムーズさがまるで違います。フリーになったら、食品や旅行業など、彼女のキャラに合った商品のCMは争奪戦になるのでは。私見ですが、土屋太鳳や高畑充希らの若手主演女優クラスと同じ2000~3000万円程度のギャランティーが相場になると思います」

2位にはテレビ東京の看板報道番組「ワールドビジネスサテライト」でメインキャスターを務める大江麻理子アナ(39)、3位にはテレビ朝日のベテラン、大下容子アナ(48)がランクインした。どちらもアナウンス技術への評価は完璧。人気も評判も申し分ない。

この結果を受けて制作会社スタッフが示唆するのは、女子アナが持つ「意味」の変遷である。

「昔は、好きな女子アナといえば『恋人にしたい』的な意味合いが強かったけど、今、視聴者が女子アナに求めるのは『癒やし』や『安心感』の部分。大下アナは16年のSMAP解散騒動の時に見せた共演者・香取慎吾への愛ある対応が好感度を上げるきっかけになりました。大江アナの魅力は落ち着いた真面目なキャスターとしての印象と、それまでバラエティーで見せていた気さくで飾らない性格とのギャップですよね。私生活は意外にアクティブで、会社までロードバイクで通っていたこともあるとか」

水卜アナや4位にランクインしたフジの山崎夕貴アナ(30)も含めた面々に共通するのは、ビジュアルのすばらしさよりも「イメージのよさ」なのである。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス