誠子に優しかった父、初めての1人暮らしの時に…

お笑いコンビ・尼神インターの誠子(29歳)が、8月7日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。美人の妹が何かとかわいがられる中、唯一優しくしてくれていた父とのエピソードを語った。

「女心をわかっていないな」と思う男の言動というテーマで、誠子は美人でギャルの双子の妹がいるため、親からも、周りからも妹と差のある扱いを受けていたと語る。

だが、父だけは唯一誠子に優しくしてくれており、誠子が初めて1人暮らしを始めた時に、父が誠子をご飯に誘って「女のコの1人暮らし危ないから、夜道とかも気ぃ付けや」と話すなど、すごく心配してくれたという。

誠子は父が優しくしてくれたことに感謝の気持ちと嬉しさを感じながら、「お父さん、大丈夫やで。私、そんなかわいくもないから男に襲われたりせぇへんよ」と話したところ、誠子の父は真剣な顔で「アホ!男はな、ブスでも襲うんや!」と心配しながらも誠子をブス扱いしてしまったそう。誠子は「ブスはブスやとは思ってたんやと思って。びっくりしたんです」と語った。

Twitterなどのネットでは「誠子さんってそんなにブスじゃなくね?」「いいお父さんだw」「愛情感じるし、オチもあってて本当にいい話」「俺は100%襲わない自信がある」といった反応が寄せられている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス