藤山直美 主演舞台発表「初日までに体力戻す」乳がん治療から復帰後初の公の場

 昨年2月から乳がん治療のため活動を休止していた女優の藤山直美(59)が7日、都内で主演舞台「おもろい女」(日比谷シアタークリエ、10月8~29日)の製作発表に登場した。復帰後初の公の場で「まだ完治したとは言えません」としつつも、休養前と変わらず元気な様子。がんが発覚した時を「27年間舞台に立っていたので体も悲鳴を上げるよな、と思いました」と回想。「母が91歳まで生きたので、先に死ねへんなと思いました」と闘病生活を乗り越えた。「初日までに体力を戻せるよう、責任を持って臨みます」と再出発へ意気込んだ。

 同作は故森光子さん主演作としても知られ、昭和初期の女流漫才師ミス・ワカナの生涯を描いた作品。共演は渡辺いっけい(55)、山本陽子(76)ら。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス