有吉弘行、10年ぶり過激ロケはスタッフに恐怖「バカだから危ない」


●ラジオ発言の揚げ足取られた
ダウンタウン、今田耕司&東野幸治、千原ジュニア、野性爆弾といった芸人たちによって、これまで次々と過激な番組が配信されてきたAmazon Prime Videoに、レギュラー12本を抱える人気MC・有吉弘行がついに参戦した。

8月3日から配信を開始した『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』(毎週金曜更新)は、爆破や落とし穴、ゾンビ軍団に襲われるなど、最近の地上波ではなかなか見られない体を張るシーンの連続で、あのアンタッチャブル・山崎弘也が「本当に死の危険を感じた」と恐れるほど。本格的に体を張るのは10年ぶりという有吉に話を聞くと、この番組に挑むことに対するワクワク感が伝わってきた――。

○いつもと違うものがやれる

――今回のオファーを受けた際の心境はいかがだったでしょうか。「ついにAmazon Prime Videoから来た」という感じですか?

そうですね。Amazonで何をやらせてくれるのかなとか、どれくらいの規模でやらせてくれるのかなとか思って、うれしくなりましたね。松本(人志)さんの『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』とか、浜田(雅功)さんの『戦闘車』とかも全部見てて、チャレンジングで面白くて「いいなぁ、楽しそうだな」と思っていたので、いつもとは違うものがやれるんじゃないかという楽しみがありました。

―――かなり体を張るシーンが多い番組ですが、やはり昔からよく知ってるスタッフだからこそ、信頼して思い切りできるという感じですか?

でも、信頼もなにも、何をやらされるのか聞かされてないから、結局ぶっつけ本番でやるしかないんですけど(笑)。もっと言えば、結構ハード系の番組をやってきたことを知ってるから、「手加減しないだろうな」とか、「この人バカだから危ないな」という恐怖がありました。

――プロデューサーは『とんねるずのみなさんのおかげでした』(18年3月終了)をやっていた安西義裕さんですよね。

安西なんて『とんねるず』が終わって暇だったでしょうから、相当肩ぶん回して来るだろうなと思ってましたよ(笑)

○ヒッチハイクとは違う過酷さ

――そもそも有吉さんがラジオで「私もぬるま湯に浸かってますよ」「体張った仕事をしていきたい」と言ったことがきっかけで今回の企画になりましたが、ご自身の発言に後悔はありますか?

本当に揚げ足取るよね(笑)。別に決意表明したわけでも何でもなくて、いつもやってるラジオのちょっとした会話の1つを揚げ足取らなくても、「やれって言われればちゃんとやるよ!」って思いますけど(笑)

――最近はぬるま湯に浸かってるなというのは、本心で自覚していたんですか?

全然ないですよ、いい加減にしてよ(笑)。ダチョウ倶楽部と俺の仕事のどっちがぬるま湯に浸かってるかって言ったら、別にどっちもぬるま湯じゃないし(笑)。とりあえず体を張ったリアクション系の仕事をしてなかったなと思って言ったんですよ。

――本格的に体を張る仕事は10年ぶりとおっしゃってましたよね。

『とんねるず』で落とし穴に落とされるとか、全く体張ってなかったわけじゃないんですけど、ガッツリとなると10年ぶりくらいじゃないですかね。MCとか始めるようになってそれくらいになるので。昔はダチョウ倶楽部と一緒にリアクション番組とか、お正月特番で体張ってましたからね。

――過酷さという意味で、猿岩石時代の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」とは、違いますか?

ヒッチハイクは、実は体を張るというより、精神的な苦痛だったんですよ。毎日つらいっていう(笑)。だから、全然違いますね。

●老眼スタッフがカメラマンを誤爆

――かつてのテレビ黄金期のような大掛かりな番組というのが今回の1つの売りですが、その中でも進化してる部分というか、かつての番組と今回の番組の違いはどんなところでしょうか?

でも、僕を含めて今回のメンバーは、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ)とか見てましたけど、あそこまで大掛かりで体を張った番組には、実は出たことないんですよ。だから、みんな久々というより初体験という感じだったから相当楽しかったし、「こんなことやっていいんですか?」って、口々に言ってましたよね。

――「これ本当に配信されるのか?」って疑ってましたよね。

そうですね(笑)。最近の地上波は、どこまでやっていいのかって勝手にブレーキ踏んだりすることがあるから、思い切って存分にやれて楽しかったと思うんですよね。昔と違うところは、技術的な部分で、ドローンの映像とか見ると「うおー!」ってビックリしますよね。でも、爆破させる特効さんは昔から変わってないから、みんな結構年取って老眼になっちゃって、ボタン押し間違えてカメラさんが爆破食らってたりして(笑)。ちょっと世代交代していかなきゃなと思いましたね(笑)

――この番組が、途切れそうな伝統の技術を受け継ぐような役割を果たせるといいですよね。でも、今回は皆さんが全裸で屋外を移動してたり、下手したら公然わいせつになるようなシーンは、昔の番組でも見たことなかったかもしれないです。

ちゃんと場所を貸し切ってやってるからできるんですよね。お金をかけると、こういうこともできるんだって笑っちゃいました(笑)

――むしろ、昔のテレビより過激になってるんじゃないですか? アンタッチャブルの山崎弘也さんをイジってましたが、あんなに「包茎」って連呼する番組なかったですよ。

たしかに(笑)

○高橋真麻に“裸ですべり台”希望

――今後シリーズ化された場合、参加して体を張ってほしい人はいらっしゃいますか?

芸人さんに限らず、役者さんやミュージシャンの方たちでも、結構体張るのが好きそうな人はいっぱいいるから、職種問わずいろいろ皆さん参加していただければいいなと思いますね。

――『有吉弘行のダレトク!?』(カンテレ・フジテレビ系)で共演されてる高橋真麻さんは、有吉さんに結構体張らされてますよね。かつては、嵐の中の隅田川花火大会でずぶ濡れになったりしてましたし。

真麻ちゃんはナイスボディで有名ですから大歓迎ですね。真麻ちゃんが裸ですべり台を落ちるとこなんて撮れたら最高だろうし、それは(父親の高橋)英樹さんにもお願いしたいです。親子で『脱ぬるま湯大作戦』、ぜひお願いします。

――今回のメンバーは、有吉さんがテレビ電話でオファーしていくスタイルでしたが、そこでの「お笑いアベンジャーズを集めたい」という口説き文句は、かなり効きましたか?

効きましたね(笑)。みんな褒められることが少ないみたいで、軽くくすぐると調子に乗ってきてくれるところがバカだけど、いい奴らだなって思います。

――あらためて、今回のメンバーはいい仲間が集まったなという感じでしょうか。

いわゆる中堅どころの百戦錬磨でタフな連中ばかりですから。あいつらのおかげで結構楽しくできたんじゃないかなと思います。

(C)2018テレバイダー

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス