8日 台風13号 強い勢力で関東に接近

日直予報士

2018/8/8 07:04

強い台風13号は暴風域を伴って、きょう(8日)夜遅くから関東地方にかなり接近する見込み。台風は速度が遅いため、影響が長く続く恐れ。東海から九州は大体晴れて、猛烈な暑さ。

●きょうの天気 関東甲信、東北、東海

台風13号は強い勢力を維持したまま、風速25メートル以上の暴風域を伴って、きょう(8日)夜遅くからあす(9日)昼頃にかけて関東地方や東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。台風が予報円の西よりの進路を進んだ場合には上陸の恐れもあります。関東甲信地方と東北地方は昼頃から台風周辺の雨雲がかかりはじめるでしょう。台風の速度が遅いため、影響が長引きそうです。
関東甲信地方は断続的に雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降ることがあるでしょう。風も強まり、横殴りの雨となりそうです。夜は滝のような雨が降る所があるでしょう。あす6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、関東地方300ミリ、甲信地方180ミリ、伊豆諸島150ミリです。あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方35メートル(50メートル)、伊豆諸島25メートル(35メートル)、波の高さは、関東地方10メートル、伊豆諸島7メートルです。
東北も太平洋側を中心に雨が降り、夜は雷を伴って激しく降る所があるでしょう。あす6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、200ミリです。あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は30メートル(45メートル)、波の高さは10メートルです。
東海は晴れ間もありますが、午後は雨が降る所がありそうです。風が次第に強まるでしょう。あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メート)、波の高さは6メートルです。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。暴風やうねりを伴った高波にも厳重に警戒が必要です。年間で潮位が高い時期となるため、台風接近時を中心に高潮に警戒・注意してください。

●きょうの天気 北陸から九州、沖縄と北海道

西日本を中心に高気圧に覆われる見込みです。
北陸は雲が多く、所々で雨が降る見込みです。近畿は雲が広がる時間帯もありますが、強い日差しが照りつけるでしょう。夕方以降はにわか雨の所がありそうです。中国地方、四国、九州は大体晴れる見込みです。夕立は山沿いに限られるでしょう。沖縄も晴れる時間が長いですが、日中は一時的に雨が降る所がありそうです。
北海道は雲が広がりやすく午後は雨が降る所がありそうです。

●きょうの最高気温

最高気温は、きのうと同じくらいか高くなるでしょう。那覇は32度の予想です。鹿児島は35度、福岡は33度、高知と広島は36度、大阪は34度、名古屋は38度の予想です。九州から東海は猛烈な暑さが続きますので、熱中症など体調管理に十分ご注意下さい。
東京は27度の予想で、関東はきょうも厳しい暑さはないでしょう。仙台は27度の予想で、東北のヒンヤリ感は解消されそうです。金沢と新潟は32度、秋田は33度の予想で、北陸と東北の日本海側は厳しい暑さでしょう。札幌は27度の予想です。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス