<半分、青い。>原田知世、透明感ある歌声披露で「天使!!」年齢知り「50歳でこの可愛さ!?」の声も

永野芽郁演じるヒロイン・楡野鈴愛の半生を描く連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。8月7日放送の第110回では、鈴愛の幼なじみ・律(佐藤健)の母・和子(わこ、原田知世)が深刻な病を抱えていることが判明。周囲の人物たちがやりきれない思いを抱える中、当の和子がピアノ弾き語りで歌った曲が視聴者の心を揺さぶっている。(以下、ネタバレが含まれます)

■ 鈴愛、和子の病状を知る

夫・涼次(間宮祥太郎)に別れを告げた鈴愛は、娘・花野(山崎莉里那)を連れて地元・岐阜県梟町に帰ってきた。鈴愛は幼なじみの律、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)ら、懐かしい顔ぶれとの再会を喜んだ。

そして第110回。鈴愛は、和子が心臓に「拡張型心筋症」という病気を抱えていることを知った。母・晴(松雪泰子)からは「誰と会っても、ああ、もうすぐ死んでしまう和子さんや、って思われるのが嫌やって言ってた」と、和子が死を意識しているらしいことも聞く。

さらにブッチャーは、大阪本社でロボット開発の第一線を担う律が名古屋支社に異動になっている不自然さを指摘。「変やろその人事。逆にどうしても名古屋に来なあかんかった、ってことや」「治る病気やったら見舞いに来るだけでいいやろ」というブッチャーから「触れるな、律の前で。あいつが言い出さん限り、触れるな」とクギを刺され、鈴愛は「私だけ、何にも知らなんだ」と、和子を思って涙を流した。

■ 1967年のヒット曲「この広い野原いっぱい」

そんな会話が交わされているまさにその時、律の自宅・萩尾家では和子が夫・弥一(谷原章介)を前に、グランドピアノで「この広い野原いっぱい」を弾き語っていた。

「この広い野原いっぱい」は、約50年前の1967年に発売され大ヒットした、シンガーソングライター・森山良子のデビュー曲。あふれんばかりの愛情が優しい調べに乗せて歌われ、現代でもフォークソングの定番曲として愛されている。

そんな曲を歌いながら、和子と弥一は2人きりで「和子さん、よくこの歌うたってくれたね」「出会った頃ね。久しぶりで照れる」と若い頃に思いを馳せた。

■ 和子さんの思いに「切ない」

そんな展開に、歌手・原田の柔らかく透明感のある歌声が重なった。視聴者からはSNSなどで、「原田知世さんの歌が素敵すぎる」「類まれな透明感」「天使の歌声!!」といった声のほか、原田の実年齢が50歳であることから「奇跡の50歳!」「50歳でこの可愛さ!?」といった感想も。

さらに、和子の病気を念頭に置いた「儚くて、哀しくて、せいいっぱいに愛を歌ってる。泣ける」「聴いている弥一さんの表情を見てるだけで切ない」といった声も上がるなど、視聴者の視線をクギ付けにした。

このシーンに先立って、和子の病状を詳しく知る町医者・貴美香先生(余貴美子)は鈴愛に「本当に大事な人にはわかっとってほしい。本当に好きな人には甘えたいしな」「病気の人は特別や。人に甘えてもええんや」と語っている。このことから、和子を心配する声や「青春時代の歌を弥一さんに歌ってる和子さん。彼女なりに好きな人に甘えてるんだ」と和子の思いを推し量る声など、ネットでは和子さんを心配する声が相次いでいる。

■ 過去には中村雅俊も懐メロ披露

また、「半分、青い。」ではこれまでにも、鈴愛の祖父・仙吉を演じる中村雅俊がギター弾き語りで「あの素晴らしい愛をもう一度」や「学生街の喫茶店」、「真夏の果実」を歌っている。

中村に続いて原田の歌声が届けられるという嬉しいサプライズに、ファンからは「中村雅俊や原田知世の歌が聴ける朝ドラ!」「劇中曲の選曲が素晴らしい」といった声も上がっている。

8日放送の第111回では、晴が鈴愛に仕事を見つけるように促す。食堂を手伝えばいいと考えていた鈴愛は途方に暮れ、大手メーカーに勤める律や不動産業を営むブッチャーらに相談する。そのころ東京では、涼次が監督する映画が完成していた――。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157619/

あなたにおすすめ