白洲迅、憧れの存在は吉田鋼太郎!「何とか食らいついています!!」

東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心とした個性的な刑事たちが、難事件に挑む姿を描いた「刑事7人」(毎週水曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)。

第4シリーズとなる本作は、過去の迷宮入り事件を扱う刑事資料係に異動となった天樹(東山)らが、“事件を絶対に風化させない”という熱い思いを胸に再捜査を開始。数々の凶悪事件を巡る新たな戦いに身を投じていく。

今回、刑事資料係の新人で天樹の部下・野々村拓海を演じる白洲迅にインタビューを行い、作品への思いや撮影現場でのエピソードなどをたっぷり語ってもらった。

■ 負けず嫌いな部分は共感できます

――第4シリーズからの参加となりますが、オファーを受けたときのお気持ちを聞かせてください。

恐れ多いというか、ちょっとした怖さみたいなものがありましたが、そのプレッシャーを背負ってやらないといけないと思っています。

ですが、実際に現場に入ってみると、キャストやスタッフの皆さんが温かく迎えてくださったので、安心しているところです。

――演じる野々村拓海について教えてください。

台本を読んだ第一印象は、うるさくて、暑苦しい奴だなと(苦笑)。拓海はまだ刑事ではないのですが、拓海のバックボーンが描かれてから「こういう理由で刑事になりたいんだ」ということが分かったので、意外と抱えているものが多くて面白い役だなと思いました。

僕自身はあまり明るいタイプではないのですが、拓海の刑事になりたいという夢に対する熱量や、負けず嫌いな部分は共感できます。

――演じる上で、苦労したことや気を付けていることはありますか?

拓海のようなキャラの役をやらせていただくことが多いのですが、普段の自分だったら絶対に出さないような一面を、どうにかして出すという作業が役作りとして面白いんです。

どれだけ自分とかけ離れた役でも、共通する部分は絶対にあると思うので。

あと、“フレッシュさ”が拓海を演じる上での鍵で、「新しい風を吹かせる」というか、いい意味でかき回していくということが命題でした。

僕の中で「刑事7人」という作品は、クールで格好よさが際立った作品なんです。今回は拓海みたいな若手刑事が登場して、ちょっと笑えるパートもあったりするのですが、拓海の格好よさもちゃんと見せていきたいと思います。

■ アイス休憩には驚きました(笑)

――主演の東山さんは、共演されてみていかがですか?

イメージ通り、とても格好いい方なのですが、思った以上に冗談を言われるので、僕はちょこちょこ困っています(笑)。

イジってくれるのでありがたいのですが、僕が困っている姿を見て、東山さんは笑っています(苦笑)。

――刑事資料係の係長・片桐正敏役の吉田鋼太郎さんとは、会見でも仲の良さが伺えましたが…。

鋼太郎さんとは、5月に公開された舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」で初共演させていただいて、そのまま「刑事7人」が始まったのでうれしかったです!

たまにズバッとアドリブを入れてくださるので、試されている感じもしながらそこになんとか食らいついています。

基本的には優しい方で、芝居上で何をやっても返してくださるので、本当に感謝しています。どんなに突飛なことをしても、たとえ間違っていてもうまい具合に面白く返してくださるので、すごいなと思います。

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

毎年、夏クールにやっている作品なので現場はすごく暑いのですが、和気あいあいとしています。アイスの差し入れが多くて、アイス休憩もあるのは驚きでした(笑)。

あと、犯人を捕まえるアクションシーンの撮影では、東山さんや塚本(高史)さんがスタッフの方々と瞬時に意思疎通をして撮影が進むのを見て、チームワークが出来上がっているんだなと実感しました。

■ お客さんのために演じる役者になりたい

――拓海は刑事に憧れているという設定ですが、白洲さんが憧れているものはありますか?

やはり鋼太郎さんとの出会いが衝撃で…。鋼太郎さんは、役者として芝居を愛していらっしゃる方。

まさしくエンターテイナーという感じで、お客さんのための芝居を強く見せられているんです。もちろん、せりふ術や演じるエネルギーもすごいのですが、その根源がお客さんにあると分かって…。

僕も表現者として、自分のためではなく作品のため、そしてお客さんのために演じる役者になりたいです!

――撮影中の息抜き方法は何かありますか?

実はYouTubeを見るのが好きで、「ゲーム実況」や「商品紹介」に始まり、「自作のパソコンの部品を紹介する」動画を延々と見ています(笑)。

あまりに際限なしに見てしまうので、ちょうど一昨日くらいからYouTubeを禁止にしています。なので、今は新しい息抜き方法を探しているところです。

あとは、食べることです。ラーメンをこよなく愛しているので、季節に関係なく食べています。

――最後に、視聴者にメッセ―ジをお願いいたします。

前作はハードボイルドな作風だったと思いますが、捜査資料を基に未解決事件を解き明かしていく、という設定も相まって、ガラッと変わります!

拓海も本当の意味で「刑事7人」の仲間になれたと思うので、今後も、7人が一致団結して事件に立ち向かう姿を見ていただきたいです。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157075/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ