大野拓朗のモテエピソード全開! 3人から同時告白も!?

毎週土曜に放送中の真夜中ドラマJ「グッド・バイ」(夜0:00-0:30、BSジャパン/夜0:56-1:26、テレビ大阪)は、太宰治の未完の小説を原案にした羽生生純の同名漫画をドラマ化したもの。複数の愛人がいるモテ男・田島毛(大野拓朗)が高校時代の先輩・別所(夏帆)と共に、愛人関係を清算していくコメディーだ。

8月11日(土)に放送の第5話では、田島毛と別れるつもりのない第3番目の恋人・静(三浦透子)が「別れるなら飛び降りる!」と言い、田島毛を困らせる。そんな田島毛を見た別所は、ある行動をとる…。

「ザテレビジョン」では、主人公・田島毛を演じる大野に役どころや学生時代のモテエピソードなどを聞いた。

――原作漫画を読まれた感想を教えてください。

とっても面白かったですね。愛人がたくさん出てきて、その人たちと別れていくという内容が魅力的といいますか、キャッチーというか…。

――田島毛を実際に演じられていかがですか?

原作を読んだ印象だと、田島毛はすごく難しそうで何を考えているか分からなかったんです。今回ドラマ化するに当たり、田島毛のキャラ設定が若干変わって、純粋で真っすぐなキャラでした。

ただ、やっていることはゲスなので、どう純粋に嫌みなく、裏がないようにやっていくかということがテーマでもあり、課題でもあり、難しいところでした。

――監督やスタッフさんたちと役についてお話されましたか?

田島毛に裏があるように見えないように、ということはお話ししました。あとは、誠実に浮気するということに気を付けて演じています(笑)。

――大野さん、こんなにゲスい役は初めてでだと思うのですが、初挑戦という感じでしょうか?

そうですね。いじめっ子の役は演じたことがありましたが、ここまでやっていることがあからさまにゲスというのは初めてですね(苦笑)。ただ、ひとひねりあって、やっていることはゲスなんですが、悪い奴に見えないように演じるのが大変です。

■ もちろん、別所さん推しです!(笑)

――夏帆さんとは初共演ですが、いかがですか?

やっぱり、すてきな方ですね。漫画の中の別所さんが本当に飛び出てきたみたいな夏帆さんのお芝居はすごく魅力的ですし、一緒にやっていて刺激を受けています。原作では別所さんの胸を借りて田島毛が女性と別れていきますが、僕は夏帆さんの胸を借りてこのドラマを作っていっているなと感じます。本当に支えてもらって、引っ張っていってもらっています。

――撮影中の印象に残っているエピソードやシーンはありますか?

短い撮影期間で必死に撮影しているので、全部ですね(笑)。全てにおいて、別所さんが魅力的です! 別所さんの会社の会議室で田島毛が寝ているシーンがあるんですけど、そのシーンの別所さんがすごく母性にあふれていて、僕は好きです!!

――別所推しなんですか!?

そりゃ、そうですよ!(笑)。別所さんは、本当にいとしいという目で田島毛を見てくれていて…。ネタバレになっちゃうのであまり言えないんですけど、この作品ってミステリーですよね。

――では、田島毛と別所の間に、今後何かしらの展開があるということなんですかね。

キュンキュンしますよ。高校生みたいです。期待していてください。それから、愛人の方もすごく個性豊かなので、面白いです!

――現場では、夏帆さんとどんなお話をされていますか?

お互い漫画が好きなので、「この漫画が面白いよ!」というような話をしたり、シーンのせりふをずっと2人で合わせたりしています。今回、太宰治原作ということ、脚本の舘そらみさん節というのもあって、普段は使わないような言い回しが多いんです。例えば「感謝で人を押し倒すのはダメだ!」とか…。それがこのドラマの世界観として面白いので、そのせりふを忠実に覚えていくのが大変な作業なので夏帆さんと協力しながら反復して覚えています。

■ 大学時代は男同士でわちゃわちゃ⁉︎

――大野さんは、高校時代や大学時代にミスターコンテストに出場されて相当モテたと思いますが、何かモテエピソードありますか?

そうですね、モテました!(笑)。小学生の時に、3人の女の子に同時に告白されたこともありました。中学・高校時代は、休み時間ごとに教室の前に人だかりができていました。でも僕、基本的に周りにムカつかれないんですよ。僕自身に(モテている)自覚ないので。自分のことを格好いいと思ったことは1度もないですし(笑)。

大学時代はデートに誘われたりしましたけど、行かなかったですね…。スポーツ科だったので、ずっとバスケして、授業受けて、筋トレして、終わった後にスポーツクラブでアルバイトをする生活でした。中学時代の友達と一緒にアルバイトしていたので、仕事が終わったらうちに泊まって、ずっと男同士でわちゃわちゃしていた感じです。だから、そんなにデートはしていないですね。

――大野さんの愛される感じが、田島毛にぴったりですね。

そうですね~。愛されますね~(笑)。田島毛は愛されキャラなんですかね。女の子に寄り添ってしまうタイプで、親切が行き過ぎて思わせぶりになっちゃうから、相手も本気になっちゃうというか。

■ 演技の細部にまでこだわりが!

――このドラマの注目ポイントはどこでしょうか?

ある種のミステリーなので、冒頭から伏線がいっぱいあります。最後にどんどんそれが分かっていって、「そういうことだったの!?」ということがたくさん出てきます。そこで改めて1話から見ると、新たな発見がある作品になっていると思うので、ぜひ最後まで見ていただいて、その上でまたさらに最初から見返してもらえるとうれしいです。2度3度見ると、田島毛がただの“ゲス”から“ゲスかわいい”くらいには昇格できるんじゃないかなと(笑)。

それから、田島毛の表情やせりふの言い方、間の感じとか、一つ一つを探りながら見ていただけたら面白いかなと思います。「ここの一瞬の間、こういうことだったんだ!」とか「目線が動いたのはこういうことだったの?」って分かってくるはずです。

――細かい演技にも注目ということですね。

クランクインの時にストーリーの流れは全部聞いて、お芝居をしています。最後に大どんでん返しがあるのですが、それを踏まえた上で、全部計算して演技しています。

全く“嘘”がない! あ、一つ大きな“嘘”があった(笑)!! でも、それ以外は全く“嘘”がないドラマになっています。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157531/

あなたにおすすめ