武田玲奈、飯豊まりえの魅力を語る!「周りの人々をとりこにする」

2017年7月に放送したドラマ「マジで航海してます。」(TBSほか)の約3年後を描いた続編で、放送中のドラマ「マジで航海してます。~Second Season~」(毎週火曜夜1:28-1:58ほか、TBSほか)。前作同様、飯豊まりえと武田玲奈が主演を務める本作は、海洋大学を卒業した真鈴(飯豊)と燕(武田)が、社会人として一歩踏み出し、仕事や人間関係、さらに恋愛に奮闘する姿を描いており、三等航海士として船舶で働く真鈴と、三等機関士から陸上勤務に異動となってしまった燕、海と陸それぞれのエピソードを送る。

今回、ザテレビジョンでは、燕を演じる武田にインタビューを実施。続編が決定した時の気持ちや、共に主演を務める飯豊の印象などを語ってもらった。

――続編が決まった時の気持ちを教えてください。

前作の撮影中からずっと、『次はこうできたらいいね』って話していました。燕たちは学生を卒業して社会人としてお仕事をしていて、そういった姿を台本で読んだ時に改めて燕の成長を実感しました。今回またこうやって、成長を遂げた燕を演じられるのがすごくうれしいです!

――前作と同じく燕を演じられますが、前作との変化はありますか?

今回は陸上勤務という職場の変化があり、合コンに行ったりするなど、燕は本当に変わってしまいました(笑)。脚本家さんからお聞きしたんですが、船乗りさんが陸に出ると本当に性格が変わってしまうらしいんです。燕は途中で海に戻ったりもするんですけど、真鈴(飯豊)との距離感はずっと変わらないつもりです。

――前作から振り返って、燕から見た真鈴の成長したところはどんなところですか?

真鈴ですが、いいところはずっと変わらないですね。今回クランクインした時に、最初のせりふを聞いた瞬間、「あ、真鈴が帰ってきた!」ってすごく思ったんです。今回、同じシーンは少ないんですが、燕にとっても真鈴は大事な存在。それはずっと変わらないなと思います。

――今回の撮影で改めて気づいた、飯豊さんのいいところはどんなところですか?

まりえってぃ(飯豊)は、本当に私にないものを持っているという印象が前回からあります。周りの人々をとりこにするというか、周囲を巻き込んで楽しくさせてくれるというか。現場もそうでしたけど、こういった取材の場などでも楽しい雰囲気を作ってくれるので私もすごく助かっていました!

――この一年で役者として成長できたなと思える部分を教えてください。

人見知りの部分が少しずつ改善されてきているかな(笑)。去年と比べて、人と打ち解けやすくなりました。いろんな方に会う機会が多くなったことも影響しているのかなと思います!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157542/

あなたにおすすめ