スズキ・ジムニーが早くもベスト10にランクイン! 7月度の国内新車販売台数が発表

clicccar

2018/8/8 06:11


日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が、本年7月における登録車と軽自動車の販売台数をそれぞれ発表しました。

それによると、登録車ではトヨタ「アクア」 が首位、10位に新型「クラウン」がランクインしており、軽自動車ではホンダ「N-BOX」が首位、10位には20年ぶりにフルモデルチェンジを受けたスズキ「ジムニー」がそれぞれランクインしています。

登録車の7月度販売台数については、首位のトヨタ「アクア」が11,689台(前年同月比-2.6%)、2位の日産「ノート」が11,256台(-9.5%)、3位のトヨタ「ヴィッツ」が11,184台(+60%)となっています。

また3位以降には、4位にトヨタ「カローラ」、5位 トヨタ「プリウス」、6位 ホンダ「フィット」、7位 日産「セレナ」、8位 トヨタ「ルーミー」、9位 トヨタ「ヴォクシー」、10位 トヨタ「クラウン」がランクインしています。

一方、軽自動車の7月度販売台数は、首位のホンダ「N-BOX」が19,668台(前年同月比+35.6%)、2位のスズキ「スペーシア」が11,843台(+44.9%)、3位の日産「デイズ」が11,703台(-3.6%)。

3位以降には、4位 ダイハツ「ミラ」、5位 ダイハツ「タント」、6位 ダイハツ「ムーヴ」、7位 スズキ「ワゴンR」、8位 スズキ「アルト」、9位 スズキ「ハスラー」、10位 スズキ「ジムニー」がそれぞれランクインしています。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

旺盛な需要に生産が追い付かない!? 新型スズキ「ジムニー」はココが魅力
https://clicccar.com/2018/08/06/615966/

カローラスポーツに6速マニュアル仕様車が追加。変速・発進をアシストする「iMT」を採用
https://clicccar.com/2018/08/04/615366/

2018年上半期のレクサス世界販売が過去最高の32.8万台(+7%)記録
https://clicccar.com/2018/08/03/615126/

トヨタ自動車が「カローラ スポーツ」、新型「クラウン」の受注状況を公表
https://clicccar.com/2018/07/27/612637/

【関連リンク】

日本自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html

全国軽自動車協会連合会
https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushosoku

あなたにおすすめ