ゆにばーす・はら、“詐欺メイク”生みの親が狙う『M‐1』優勝の頂

 “詐欺メイク”で知られる漫才師、ゆにばーす・はらが、8日に初のメイク本『欠点の数ほど美人になれる! ゆにばーすはらの#詐欺メイク』(世界文化社)を出版した。今回ははらに、激盛りメイク誕生のきっかけ、年末に控える『M‐1グランプリ』に懸ける思いなどを聞いた。

【写真】激変ぶりが分かる! ゆにばーす・はらメイク本カバー写真&インタビューカット

激盛りメイクに目覚めたのは、19歳。 ネット上に写真をアップロードし、“会わずにモテるか”を検証するためだった。

「そのころから好評で、5分で80件ほどのアプローチがありました。でも、会わないことを決めた検証だったので、『彼氏がいる』って丁重にお断り。1人だけ、1、2カ月ぐらい連絡を取った末に会ったんですけど、原宿の喫煙所で会う約束をしていて、私の顔を見た瞬間に、『すいません。体調が悪いです』って帰られちゃった(笑)。そこから連絡が取れなくなり、2日後に『退会しました』って連絡がきました」。

自らを“ブス界のパイオニア”と名づける。プライベートではなく、芸人として激変メイクに好感触を抱いたのは、およそ7年前。お笑いライブのオーディションで、詐欺メイクの自撮り写真を作家に見せると、褒められたのだ。そして昨年、事態が急変する。

「2017年の初めごろに、自撮りをSNSにアップ。年末に『M‐1』の決勝戦に行って、その1年ぐらいでインスタグラムのフォロワーが15万人になりました。特に、『M‐1』後。“この写真の美女は『M‐1』ファイナリストです!”っていう紹介のされ方でテレビに出るようになって、さらに知られるようになりました」。

実はかなりの美肌。しかし、その肌を手に入れるまでには、辛い時期があった。

「もともと乾燥肌で、アトピー。顔だけじゃなく、体にも出てました。だから、スキンケアにはものすごい気を使っていて、落ち着いたのはこの2~3年。やっと合う皮膚科に出会って、塗り薬から化粧水に変わった。今では、2週間で1本なくなる勢いで、バッシャバシャッと化粧水を叩きこんでます。ちなみに、この“バッシャバシャッ”は、ミスユニバースの方もされている美容法です」。

メイクで変わる。美人になる。撮る。同書にはその極意が詰め込まれているだけではなく、ちょっとしたパワーフレーズも盛り込まれている。“岡山の奇跡”桜井日奈子との対談が、そうだ。

「あんなにかわいい桜井さんにも、あるコンプレックスがあったんです。スカウトされたときは、コンプレックスを隠そうとしていたけど、それも自分のものなんだってマイナスに捉えないで、逆に活かして、今メイクをしてるって言っていましたね。あと、ここの章でいえば、桜井さんと私が常に持ち歩いているアイテムを見比べてほしいです。ムフフ」。

漫才師として目指すのは、年末の『M‐1』優勝。今年は、年始からそこに照準を合わせて活動してきた。「単独ライブは、ツアーを組んでしましたね。あと、相方(川瀬名人)は、良いと言われることは全部やろうと、毎日トイレ掃除をしたり、募金をしたり。私もパワースポットにむちゃくちゃ行って、とにかく『M‐1』に備えてます。仕上がり? もうちょっと。年末に向けて、完ぺきに仕上げている真っ最中です」。

テレビ出演本数が過去最高となった今年、朗報が。同書が、Amazonのメイクアップ部門ランキングで1位を獲得したのだ。

「私が変われるということは、あなたも変われます!」。

PRの言葉はシンプル。ゆにばーすのホンキは、ここからだイエェェェェェイッ!!(取材・文・写真:伊藤雅奈子)

ゆにばーす・はら『欠点の数ほど美人になれる! ゆにばーすはらの#詐欺メイク』(世界文化社)は発売中。また、ゆにばーす単独ツアー「新世紀ハランゲリヲン~優勝補完計画~」が、4月に行われたルミネTheよしもとでの初演を皮切りに全国3ヵ所で開催予定。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ