仕事で「成長する人」の目線・「成長しない人」の目線

『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパービジネスパーソンです。そんな石川さんに今回は「仕事において成長する人が持っている目線」についてお聞きしました。

プロフィール
石川和男(いしかわ・かずお)

f:id:asukodaiary:20170309141602j:plain建設会社総務部長、大学、専門学校講師、セミナー講師、税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパーサラリーマン。大学卒業後、建設会社に入社。管理職就任時には、部下に仕事を任せられない、優先順位がつけられない、スケジュール管理ができない、ダメ上司。一念発起し、ビジネス書を年100冊読み、月1回セミナーを受講。良いコンテンツを取り入れ実践することで、リーダー論を確立し、同時に残業ゼロも実現。建設会社ではプレイングマネージャー、専門学校では年下の上司の下で働き、税理士業務では多くの経営者と仕事をし、セミナーでは「時間管理」や「リーダーシップ力」の講師をすることで、仕事が速いリーダーの研究を日々続けている。
最新刊の『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』(明日香出版社)ほか、『仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣』(明日香出版社)など、勉強法、時間術などのビジネス書を6冊出版している。


仕事のデキる人は、たくさんの目線を持っている

「今日中に決裁が必要なのに、上司が直帰してしまった!どうしよう…」

あなたも、このような事態に慌てている人、愚痴を言っている人を見たことがあるかもしれません。なぜこのような事態になるのか?

その原因はたった一つ。「相手の立場で物事を考えていないから」です。仕事がデキる人は、上司・部下・同僚など、たくさんの目線を持っています。

例えばこの場合、上司のスケジュールを把握しておくことで事前に決裁をもらっておくことが必要だったでしょう。「直帰します」と、急な連絡があった場合には対応が難しいかもしれませんが、その場合でも何とかフォローする手立てを持って上司に相談することになったでしょう。いずれにしても、相手の立場に立って物事を考える、行動ができることが、「仕事がデキる」一つの特徴なのかもしれません。

同じ“事実”でも、立場や考え方によって捉え方が変わる

ここで少し本筋とは外れてしまいますが、わかりやすい事例を1つ紹介します。

「A部長はクライアントB社と、接待で飲んだり、ゴルフに行く」

この“事実”に対して、たとえばあなたがA部長の部下だった場合、どう捉えるでしょうか?

私が新入社員だった頃は、「自分は業務に追われて残業だらけなのに、その間A部長は会社の金で飲んで、休みの日はゴルフ。うらやましい。」と内心思っていました。しかし、自分が上司になり、同じ“事実”が起こったとき、「残業せずに接待!いつも楽しいな~!」とは、ちっとも思わなかったのです。

「接待続きで夜も遅いし、日曜はゴルフ。接待相手の話を聞き続け、機嫌をとって酒を作り、酔うこともできない。ゴルフといっても適当に負けなきゃならないし、家族との時間をもっと作りたい。残業していた方が10倍楽だった…」と感じたのでした…。

他にも、目線が異なることで、こんな捉え方のズレが生じているのではないでしょうか?

【昇進前】課長は部長の顔色ばかりうかがって仕事をしている。部下のことを考えてくれていない。

【昇進後】部下の起案した企画を通すためにも、今上司が何を求めているのか、きちんと把握しなければ…。これが「上司の顔色ばかり見てる」ように部下だったころには感じていたんだな…。


【昇進前】マネージャーは部下である自分の気持ちを分かってくれない。ちゃんと見てくれてない!

【昇進後】マネージャーとして、たくさんの部下に指示を出すだけじゃなく、プレイヤーとしてお客様にも対応しなければ…。とんでもなく忙しかったんだな。


【昇進前】上司は指示をするだけ。エアコンの効いた職場でデスクに座っていていいな。

【昇進後】日々決断の連続。部下の失敗に対して責任を取る立場。営業で外回りしていた方が正直楽だったな…。


このように、「立ち位置」が変われば事実に対する捉え方も変わってくるのです。

昇進前の部下のときから、「上司はこんなに大きな決断や責任を求められているんだ」「だから僕らに細かく詰めているんだな」など、上司の目線を持っていれば、もっとスムーズに仕事ができていたかもしれません。

とは言え、自分以外の立場で物事を考えることは難しい。ではどうすればいいか?

自分以外の立場で物事を考える方法

私の考える解決方法は、普段から1つ上の役職(係長なら課長、課長なら部長など)になったつもりで仕事をすることです。

「A部長なら、こんなときどう解決するかな?」「A部長なら、部下の自分にどう伝えるかな?」と、常に想像しながら仕事をしてみてください。

1つ上の視点から“事実”を捉えれば、今とは違った見え方ができるはずです。

こうして上司や部下の対応を予測、自問自答し続けることで、問題点や不足を発見しやすくなり、自分に何が足りないかが自ずと見えてきます。

例えばあなたが営業担当者なら、営業課長のつもりで働いてみる。

今まで営業担当者として、自分に与えられた目標数値だけを追っていたけど、営業課長は、目標数値を追うだけでは許されないんだな。Cさんは目標を達成したのにDさんが出来ていないので、チームとしての底上げを考えなければならない。そもそも目標数値はどうやって設定されたのか? 課長は予算管理をするときに簿記の知識を使っているな。今の自分は簿記の知識はゼロ。昇進したときのことを考えて今月から簿記の勉強をはじめよう。営業課長は会議で発表しなくてはならない。プレゼン能力を磨くために「話し方教室」に行ってみよう。

成長しない人は、自分の立場だけを考えて仕事をします。同僚同士で上司の悪口、不満をいうだけなので、仕事に対する意識も低くなりがちです。成長する人は、「上司ならどう対応するだろうか」と自問自答しながら考え、改善しようとします。

上司も「私に聞く前に、この資料を見せたら上司は何と言うだろう、と考えてみたか?」と問い続ける。1つ上の目線を持たせ続けることが、チーム全体の視座を高めることにもつながるのです。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス