同棲時に直面しやすい問題5つ。どう解決する?




「大好きな彼ともっと一緒にいる時間が欲しい」「一緒に暮らした方が経済的」という理由から、彼氏と同棲する人も多いかと思います。ですが一人暮らしと違って、共同生活である同棲には問題もいろいろあります。そこで今回は、同棲時に直面しやすい5つの問題について紹介。これらについて、同棲前に話し合ったほうがいいかもしれません。

同棲で直面しやすい問題5つ

1: 家事の分担



同棲となると一人暮らしの時とは違って、家事は二倍。共働きなのに、彼が家事を何もやってくれない! となると、あなたが毎日仕事に家事にと疲れ果てることに……。時間経過とともに「一人暮らしの方がラクだった……」と同棲を後悔することになりかねないので、できれば同棲前に彼と家事の分担を決め、偏らないようにしておいた方がいいです。
同棲して時間がたってから家事分担の話をすると、「なんで今さら?」と家事がしたくないがために反論する男子もいるので、同棲前に決めちゃいましょう。

2: 生活費を出す割合



お互い生活費をいくら出すのかも、同棲前に決めた方がいいかもしれません。筆者の友人に聞いたケースでは、生活費の話をしないまま彼氏と同棲してしまい、彼氏は家に生活費を入れることなく趣味にお金をつぎ込み始めたのだとか……。月いくらずつ生活費を出しあうかを決めておけば、お金に関するもめごとは起きにくいでしょう。

3: 生活スタイルの違い

結婚してからお互いの生活スタイルの違いにびっくりしないためにも、結婚前に同棲してお互いの生活スタイルの違いを見るのもいいでしょう。恋人とはいえもとは他人。生活スタイルが違うのは当然といえば当然です。とはいえ、そこまで違わなかったら、または違っても許容範囲であるならば、たいしたストレスにはならないですよね。ですが、あまりにもお互いの生活スタイルが違う場合、毎日がストレスになることも……。
自分のスタイルを相手に押し付けるのは良くないですが、お互い譲れるところは譲ったりと、二人の中間地点まで歩み寄る必要はあるかと思います。時には話し合いも大事ですよ。

4: インテリアなどの趣味嗜好

生活スタイルだけでなく趣味嗜好がかなり違う場合も、ストレスになる可能性があります。家具や家電を買う際、意見がぶつかることもあるでしょう。どちらかの意見ばかりを通すのではなく、なるべく話しあって二人で決めたいものです。同棲前に相手の家に遊びに行った際に、インテリアなどを見ておくのもいいでしょう。デートでインテリアショップに行って、どういうテイストが好みかという話をさりげなくするのもおすすめです。

5: 一人のスペースや時間が減る



一人暮らしにおける最大のメリットともいえるのが、一人のスペース、一人の時間をしっかり確保できること。ですが同棲となると、一人のスペース、一人の時間は確実に減ります。ですので、その点についてかなりストレスを感じてしまうのなら、同棲は難しいかもしれません……。とはいえ、同棲してもたまには一人のスペースや時間が欲しいですよね。
土曜日は彼と一緒に出かけるけれど日曜日は別行動するなど、お互い相手から離れて一人になる時間を作るのもいいでしょう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ