嵐、川島永嗣選手との「ガチンコ大声対決」で叫んだ渾身のヒトコトの内容


 8月4日放送の『にしやがれ』(日本テレビ系)では、ゲストにサッカー日本代表のゴールキーパー・川島永嗣が登場した。さまざまなスポーツ選手と対決する「二宮和也の勝ちたいシリーズ」では、今回特別編として嵐のメンバー全員が参加。ベスト16となったロシアW杯で、いつも大声を出して仲間を鼓舞していた川島選手と「ガチンコ大声対決」を実施した。

まずは、「W杯、お疲れ様でした」と川島選手を拍手でねぎらった嵐のメンバー。MCの二宮が、「聞きたいことあったら聞いて。本人だから」と言うと、櫻井翔が「いいですか?」とニュースキャスターの時の真面目な顔を見せると、「好きな食べ物なんですか?」と一言。これには、川島選手も笑い、会場からも笑い声が……。ゲストの平成ノブシコブシの吉村崇は、この行為に「イエローカードだぞ!」とツッコミをいれた。

「すみません。失礼しました」と言いながら、櫻井は気を取り直して「今大会、このプレーすごかったっていう、日本チームのベストプレーってどうですか?」と質問。川島は、「やっぱりベルギーの時に、乾(貴士選手)が2点目とった時は、ちょっといつもと違うものが湧き出てきた」と、FIFAランキング3位という圧倒的な強さを持つベルギーに、日本が2点先行した時をベストプレーとして挙げた。

二宮が、「大野(智)さん、どうですか? ベルギー戦。乾選手が2点目とった時は?」と話を振ると、大野は「あ、やるなと思った」と一言。メンバーや川島選手から「見てた?」「見てました?」と言われると、大野は渋い顔をしながら軽く頷いていた。

また二宮が「川島選手、4年後はどうですか?」と聞くと、川島は「4年後、行きたいですね」と力強く答え、会場からは拍手が。嵐のメンバーも「行ってほしいな」と4年後のW杯に思いを募らせた。

そして、いよいよ「ガチンコ大声対決」に突入! ルールは、転がってくるボールをキャッチし、自分の好きな一言を大声で叫び、一番大きな声を出した人が勝利というもの。ちなみに、川島選手が試合中によく叫ぶ言葉というと、「早くラインあげろ~!」「麻也~!」「急いで下がってこいよ~!」「もっと厳しくいけよ~!」「ケイスケ~!」だという。

トップバッターの松本潤は「麻也~!」と叫び、結果は107.9デジベル。続いて、櫻井は10年間伝え続けたという言葉「NEWS ZERO~!」で107.0デシベル、二宮は「ケイスケ~!」と本田圭佑の名前を叫んで101.0デシベル、相葉雅紀はいつもお世話になっているという「シムさ~ん!」で99.7デシベル、大野はなぜか「サッカー!」と叫んで98.7デシベル。最後に川島は「嵐~!」と叫んで103.6デシベルを記録。1位は松本の記録ということで、嵐が勝利した。

次回8月11日の放送には、King&Princeの平野紫耀と岩橋玄樹が登場予定。予告動画にSNS上では「嵐もキンプリもどっちも好きだから楽しみ!」「嵐とキンプリ最強」などと、放送を楽しみにする声が多く見受けられた。次回の内容にも期待だ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ