台風13号 強い勢力で北上中

日直予報士

2018/8/7 22:12

台風13号が強い勢力で北上中です。8日(水)から9日(木)には暴風域を伴って関東と東北の太平洋側にかなり接近し、上陸の恐れがあります。関東と東北の太平洋側では大荒れの天気に警戒が必要です。

●台風13号の現在と今後の見通し

台風13号は7日(火)午後9時現在、八丈島の東の海上にあって、時速20kmの速さで北西へ進んでいます。今後も強い勢力を維持して、暴風域を伴いながら北上し、8日(水)には伊豆諸島に接近。その後、9日(木)にかけて関東と東北の太平洋側にかなり接近し、上陸する恐れがあります。また、台風は接近するとともに速度が遅くなるため、影響が長引く見通しです。

●太平洋沿岸部では高潮に警戒して下さい!

今は年間でも潮位が高い時期です。その上、台風13号の接近と満潮時刻が重なりますと潮位がかなり上昇し、高潮の恐れがあります。
先月下旬の台風12号が東日本に接近した際には静岡県熱海市で高潮によるものとみられる被害がありました。
今回は、関東から東北の太平洋側沿岸部で高潮の恐れがあります。
沿岸部にお住まいの方は満潮時刻を中心に高潮による越波(えっぱ)や道路冠水などに警戒して下さい。

●高潮 早めの対策を

高潮も波の一種ですが、周期が数時間と非常に長いため、波というより海の水位が全体的に上昇する現象です。いったん浸水が始まると、低地には浸水被害が一気に広がります。高潮で潮位が高くなっている時に高波があると、普段は来ない所にまで波が押し寄せ、被害が拡大することがあります。気象情報に十分注意して、早めの対策を行ってください。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス