“平成最後の仮面ライダー”は2000年生まれ! 奥野壮「偉大な先輩方と同じスタートラインに立てた」

9月2日(日)朝9時スタートの「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)の制作発表が8月7日に行われ、奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐が登壇。

平成最後の仮面ライダーとなる仮面ライダージオウは、時計がモチーフで、時空を旅して戦う“タイムトラベルライダー”。

王になることを夢見る2000年生まれの高校生・常磐ソウゴを演じる奥野は、出演について「『仮面ライダーになるよ』と報告されたときは放心状態でしたが、今はうれしいこと、光栄なことだとひしひしと感じてます」と告白した。

主人公と同じ2000年生まれだということに「平成ライダーが生まれた年に僕も生まれて、子供のころから『仮面ライダー龍騎』『―キバ』『―電王』などを見てました」と語り、「偉大な先輩方と同じスタートラインに立てたということでうれしい反面、不安な気持ちもありますが、精いっぱい頑張っていきたいと思います」と決意表明。

「自分が仮面ライダーだということに、まだ実感がないです」と語る奥野は、ライダーの姿を見たときの感想を聞かれ「顔に“ライダー”って書いてあるのに、格好いい!」と気に入ってる様子だ。

武器や、バイクにも文字が隠されているという今作の、誰も知らない発見を聞かれ「足の裏に“キック”って書いてあります! ライダーキックのとき見られるんじゃないかと思います」と明かすと、会場からはどよめきが起こった。

出演が決まったとき「権威ある作品に関われると知ったときは、大変うれしく思いました」と語っていた、50年後の未来から来た戦士・明光院ゲイツ役の押田は、仮面ライダーになることが夢だったそうで「ようやく第一歩を踏み出せたという喜びでいっぱいでした」と明かした。

さらに、この先の目標を聞かれ「大きなことを言いますが、アカデミー賞を取れたらいいなと思います」と俳優業への熱意を明かした。

50年後の未来から来た少女・ツクヨミ役の大幡は「出演が決まったことをマネジャーさんから聞いたとき、初めはうれしいよりも驚きの方が強くて、大役に選ばれたことが不安でしたが、ヒロインをやるからには、全力で頑張りたいなと思いました」と力強く語った。

50年後の未来から来た謎の予言者・ウォズ役の渡邊は、宮城・仙台からオーディションに通っていたと明かし「急に東京に呼び出されて『何かしたっけな…』と変な汗をかきながら向かったら、事務所で『仮面ライダージオウ』の出演が決まったことを聞きました。

本当は喜びたかったんですけど、喜ぶ隙すら与えないスピードで採寸が始まって…(笑)」と出演が決まったときのエピソードを披露した。

そして会見の終盤では、ソウゴの大叔父で時計店の店主・常磐順一郎役・生瀬勝久からのビデオメッセージも到着。

奥野ら出演者の印象については「若い。以上」と一言。さらに「皆さんには明るい未来があります。私はそろそろ“終活”ですので」と語った生瀬に、会場からは笑いが起こった。

また今作は、今までの平成ライダーが出演することが発表され、すでに歴代ライダーと共演した奥田は「飯島寛騎さん、犬飼貴丈さん、瀬戸利樹さんからも『一年間つらいと思うよ』と覚悟しておいた方がいいということをアドバイスされたので、気を引き締めてこれから挑みたいと思います」と、仮面ライダーに懸ける1年に身を引き締めたようだった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157569/

あなたにおすすめ