KenKenが投稿“獄門島一家”がファミレスに集まる光景 ハマ・オカモト「絶対隣の席嫌…」

ミュージシャンのKenKenが8月7日、SNSで女王蜂のボーカル・アヴちゃんが結成したバンド「獄門島一家」のメンバーでファミレスに行ったところを公開した。正確には「リハの間にみんなでファミレスに行ったよ」という状況だ。

獄門島一家は、ロックバンド「女王蜂」でボーカルを担当するアヴちゃん(作詞・作曲時のクレジットは薔薇園アヴ)が「獄門島一家の長女」として集めたメンバーからなる。

ギター担当「お兄様」は“浮雲”として活動する元東京事変のギタリスト・長岡亮介、ドラムス担当「お父様」は元BLANKEY JET CITYのドラマー・中村達也、ベース担当「西園寺」はRIZEのベーシスト・KenKenだ。

当のKenKenからして、4人がファミレスでメニューを眺める姿を「威圧感すごいよ。メンツがパンチあり過ぎるよ」というだけに、投稿画像を見たハマ・オカモト(OKAMOTO’S)は「絶対隣の席嫌なんだけど(笑)」と即答していた。

両者のフォロワーからは「ジャケ写やん」「こんなファミレス…のコントみたい…です。バイトしたかったなー。昨日だけ」や「オーダー取りに行くのも嫌ですね(笑)」など様々な反響があったが、そんな彼らはいったい何を注文したのだろうか。

画像は『KenKen 2018年8月7日付Twitter「昨日は獄門島一家のリハの間にみんなでファミレスに行ったよ。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ