植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話

OTONA SALONE

2018/8/7 21:00



みなさん、こんにちは。植松晃士です。

今年は酷暑! 7月から連日ものすごい気温ですが、いかがお過ごしですか?

百貨店や路面店には早くも秋の装いが並んでいたりしますが、実際問題としてはこの暑さですから、まだまだ夏服ですよね。僕はファッションチェックをライフワークとしているので、日々みなさんのスタイリングを目の当たりにして、さまざまな気づきがあります。

体型カバー服のコワイ落とし穴!


最近では、やっぱり大人の制服化。色のキレイなギャザースカート、丈の短いワイドパンツは流行りだよね~。どちらも大人の女性にとって嬉しいのは、体型をカバーできること。

ふっくらおなかもお尻も、しっかりしたおみ足も隠せるんですから。でもね、同時に訪れる惨劇をご存知? それは、太ってしまうってこと!!

隠れる=出さなくていい=制限がない。よーく見ていると「ぽっちゃりを少し超えてるかな?」という女性がこの手のお洋服を着ているような気がする~(笑)。シルエットがすでに丸太……。

ウエストがゴムになっているタイプも多いし、サイズは収まっているだろうけど、ステキに着こなせてはいないんですよねぇ。代謝が落ちて体重を戻しにくい年代なんだから、くれぐれもお気をつけて!

暑い夏こそ注意!「街でイタい」大人ファッション


さらに言わせていただければ、大人の肌見せ具合も考えていただきたいところ。ずばり、40代の肌見せは顔も含めて3割が適当です! もちろん、リゾート地やプールなどの水際は別よ。あくまで都会、アスファルトジャングルでのお話。

50代なら2.5割。80代になったら顔と首だけで充分!! だって、ロイヤルファミリーをご覧あそばせ。女王様なんて、暑くても長袖じゃない? なんなら、手袋までしていらっしゃるんだから。「出さない美徳」ですよね。

ちなみに、先日、街中でグワーッと背中の開いたお洋服を着た40~50代をお見かけしたというお友だちがいたんですが、さすがにそれは引くよね……。その年齢で肌見せ量が多いと、気持ちだけ昔のままで現実に追いついていけないイタイ人なのかな、って周囲に思われます。社会性が問われるというか、心配になっちゃう。

大人の「肌見せ」の正解って?


じゃ、3割はどのあたりを見せればいいのか?ってことだけど、それは、出せるところを出す!

四肢は、基本的に遺伝だと思っているんです。腕が太い、というのは自分を責めなくてもいいと思います。ただ、出してもダメ~! 代わりにデコルテとか、うなじとか、出してもいいかなと思う部位を出して。

ちなみに、細めの方はVネックもあり。大人感が出ます。ぽっちゃりさんは、逆に老けて見えるというか、浴衣感が出るのでやめたほうがいいと思います。

どうしても腕を出したい、という場合はレースのお袖とか半袖で。どこを出せるかはその人次第なので、よーく考えてみては? 自分ではうすうす気づいているはずだし~(苦笑)。

TPOを選ばない肌見せは「破廉恥」です!


ちなみに、さっきのお話にもあった背中見せですが、ショートカットの人や髪を結んでいる人は日焼けしちゃうから、お勧めしません。もし、どうしても背中が開いているお洋服なら、肩に何かかけるとかね。

とにかく、日中にパーティシーンでのドレス以外で背中を見せるのは破廉恥。恥を恥と思わない人がやること。背中が大胆に開いているファッションは、ビーチやプールなどリゾートではOKです。

人って、極端に美しいものか、極端に醜いものに目を奪われるんです。シチュエーション、TPOでお洋服を選ぶことができるのが大人の知恵。身につけましょ。

この夏、観てほしいもの!


(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

そんなファッションのお勉強にもなりそうなのが、8月10日公開の映画『オーシャンズ8』( http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans8/?_ga=2.135032817.1386467326.1532691125-467729729.1532691125 )! ゴージャスで、ユーモアがあって予想外な展開。見ていて爽快! 女の友情だのかっこよさはもちろん、華やかなファッションシーンにもご注目。絶対楽しめるはず♪

では、またお会いしましょ★

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス