「もし子どもが熱中症になったら」幼稚園へのエアコン設置要望は、なぜ通らないのか?


保育園、幼稚園、小学校、おけいこ事の教室などでは、日々子どもの保護者と施設側の間でトラブルが発生している。ほんの些細なことでも、自分のこと以上に気になってしまうのが親心というものなのか。わが子のことを思ってとクレームを入れるママもいれば、モンペと呼ばれることを恐れて我慢するママも。そんなトラブル事例とママの葛藤をつづる。

連日気温40度に迫る勢いの猛暑。オフィスや公共施設は当たり前に設置されているエアコンだが、公立小中学校のエアコン設置率を見ると、最も高い東京都の99.9%(文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について」より)に比べ、愛媛県は5.9%でほとんど設置がされていない状況と、地域差が激しい。義務教育の現場である小中学校でさえ、エアコン格差が生じている。

今年の殺人的な暑さは、熱中症などを起こしかねず、子どもの命にも関わってくる問題。体が未発達な園児たちが通う保育園や幼稚園は、どのような対策をしているのだろうか。首都圏に住む典子さん(仮名)は、3歳になる娘を私立幼稚園に通わせている。この幼稚園の教室にはエアコンがないため、日中は天井に付いている扇風機で過ごしているという。

「幼稚園を選ぶときには、何園か見て回りました。でも、ここまでの猛暑は経験したことがなかったため、エアコンの設置状況にまで気が回りませんでした。また、園内見学は新年度が落ち着いた6月頃が多く、当時は暑さを感じなかったんです。今は、夏休み期間ですが、休み中の登園日や、預かり保育を利用している子もいるのに、エアコンがない園で大丈夫なのか心配になります」

幼稚園は保育園とは違い、8月中は夏休み期間のため通常保育を行わない園が多い。そのため、保護者からの要望があってもエアコンの設置は進みづらいという。園側からは、暑さが残る9月には、水まきやプールなどを行うことで、暑さを回避すると説明されたそうだ。

「これまでは、園で用意したお茶を飲んでいましたが、あまりの猛暑なので、登園時にも飲めるようにと、水筒持参になりました。帰るときにはいつも空っぽなので、それくらい暑いんだと思います」

園のママ友の中には、子どもの熱中症予防のために、夏季休暇中の登園を控えている家もあるという。

「園からは、『園内には緑があって風も吹き抜けるので、エアコンの必要がない』と言われたらしいです。夏の間、毎年、園庭を裸足で歩く裸足保育が実施されていたのですが、今年は猛暑のため父兄からの反対があり、外履き着用可となりました」

このように、私立幼稚園などでは、長らく保育を行ってきた園長の教育方針によって、エアコンを設置していない園も存在している。しかし月齢が低い0歳時からの預かりをしている保育園では、今年の猛暑はエアコンなしで乗り切るのには、何らかの対策を講じなければ難しいのでは、と考えさせられる。

認証型保育園で保育士をしている梅本さん(仮名)は、この暑さで保育士も体力的にバテてしまいそうだと語る。

「うちの園には、全ての保育室にエアコンがついていますが、基本的には気温が30度を超えるまでつけてはいけないルールになっています。通常は扇風機を使うように指示されているんです。今年は連日30度超えの状況なので、全保育室フル稼働でエアコンを使っているものの、保育士の休憩室はエアコンなしの状態。園長は、表向きに“節電のため”と言っているのですが、エアコン代がかかるための処置だと思います」

彼女が働いている保育園以外にも、節電対策を行っている園は多い。暑さに弱く、体温調節が難しい0~1歳児の保育室は、一定の温度と湿度を保つ必要があるが、ある程度体力がついてきた4~5歳児クラスになると、扱いが変わってくる。恵美子さん(仮名)は、職場が契約している保育所に、5歳になる娘を通わせている。彼女は、保育所に迎えに行くと室内が外気とあまり変わらないように感じるという。お別れの会が終わった午後4時を過ぎると、園児たちは、お遊戯会などを行う大教室に移動するそうだ。

「以前まで、3歳児以上は、それぞれの保育室で親の迎えを待っていたんです。今は、0歳児と1歳児はそれぞれの保育室にいますが、2歳児以上は全て大教室での合同保育になりました。保育園なので、設備費などは支払っていないのですが、電気代をケチっているような気がしてならないんです」

いくら大きな教室とはいえ、日によって、子どもたちはすし詰め状態となり、室内の温度はどうしても上昇する。恵美子さんは、園長に学年別の保育ができないかお願いした。

「保育士不足や、子どもたちの縦割り保育のため、難しいと説明されました。娘は汗っかきなので、暑さのこもった部屋で過ごすと汗疹が心配なんです。帰るとすぐに着替えさせるのですが、背中一面汗でびっちゃりで、これで本当に室温は保たれているのかなって疑問に思います」

エアコンのフル稼働により、かさんだ電気代は、父母会などの収益金からまかなえず、施設費や空調費という名目で追加徴収された幼稚園もあるという。施設費の目安は、夏と冬にそれぞれ5,000円前後だが、園によって費用のばらつきが多く、保護者からは不満の声も上がっている。

近隣地域からの園児の受け入れもしている大型幼稚園に息子を通わせている明子さん(仮名)は、「うちの子は午後2時までしか園にいないし、夏休みは家にいるのに、冷房代がかかるのが納得できないです。同じ園のママの中には、『うちの子が熱中症になったらどうしてくれるんですか』と言って、園バスの中にまでエアコンをよく効かせるように言った人もいるといいます。それだったら、自宅から水で濡らしたタオルを首に掛けたり、半ズボンで登園すればいいのに……って思います」

園にエアコンを設置する際は、家庭用ではなく企業用となるため、通常よりも費用がかさみ、維持費もかかる。保護者側からすると、「あって当たり前」のように感じているエアコンだが、そこには見えないコストが掛かっているようだ。その負担をもってしても、大事な我が子が快適な環境で過ごせるのなら、と考える保護者が増えれば、エアコンの教育環境への普及も進むのかもしれないが……。
(池守りぜね)

あなたにおすすめ