肉食系女子が集う“神ナンパスポット”の実態とは?

8月5日に放送された「給与明細」(AbemaTV)で、“神ナンパスポット”としてにぎわう東京・汐留周辺に番組が潜入取材を実施。衝撃の実態が明らかになった。

中でもその“中心地”とされる銀座コリドー街は、ナンパ待ちをする肉食系女子とナンパ目的の男たちがあふれ返り、警察が出動するほどのにぎわいぶり。

しかも、そのほとんどの男性が私服ではなくスーツ姿で、特別イケメンでもない普通のサラリーマンたちが、大勢でナンパにいそしんでいるようだ。地方からナンパするためだけにやってきている猛者もいるとか。

そんな中、潜入したスタッフが1人の30代男性に話を聞くと「(成功)打率4割ですかね」と衝撃のコメントが。

一方、歩いていた女性もスタッフの取材に「海とかクラブとかよりも出会いがある」「良い出会いを求めてきました」「10歩歩いたらナンパされます」と答えるなど、この“神ナンパスポット”を楽しんでいる様子。

さらに、「1日10件の連絡先交換を目標にしてやっている」という強者の姿も。その男性によれば、コリドー街が1番盛り上がるのは金曜だが、ナンパするならば「月曜、火曜が良い」とその秘訣(ひけつ)を明かす。

人通りが少ない分、ライバルも少なくなるのがその理由だとか。また、平日の終電以降は終電を逃してでも出会いを求めている肉食系女子がいるため、さらにナンパ成功率が上がると語った。

次回8月12日(日)の放送は、レースクイーンの実態を紹介。“レースクイーン・オブ・ザイヤー 17-18”に選ばれた西村いちかの自宅に潜入し、その給与を探る。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157261/

あなたにおすすめ