社内プレゼンで絶叫も! 「文豪とアルケミスト」ハマる女子たち

ananweb

2018/8/7 20:00

スマホゲームは、女子にも人気。今回はその中から、人気ゲームのひとつ「文豪とアルケミスト」の魅力に迫ります。
異世界に転生した文豪たちが、本の世界を内部から壊そうとする侵蝕者たちと戦う「文豪とアルケミスト」。実在した文豪を起用しているだけでなく、白樺派のメンバーを揃えると特殊会話が発生するなど、彼らが実際に生きた時代の関係性をゲームで再現。しかも、実際に仲が良かったり険悪だったりライバルだったりといった関係性をにおわせる作品や書簡が現代に残されていることもあり、ファンのときめきと探究心は止まらず、文学史にも興味を持つ層も増えている。

一方、文豪たちの記念館やゆかりの地を訪れる聖地巡礼もファンの間で人気。

「実は、DMM.comはもともと石川県の企業なので、石川県金沢市とは何かと縁が深いんです。今年3月には金沢市とタイアップして、ご当地出身の3人の文豪の記念館を巡るスタンプラリーを展開しました。このイベントが金沢に行くきっかけになったという声もいただいて、うれしいですね」(DMM GAMESエグゼクティブプロデューサー・花澤雄太さん)

■ コラボがもたらした奇跡。 掛け替えカバーで売り上げ激増。

2017 年10 月から実施された新潮社とのコラボで、ゲームに登場する文豪たちがそれぞれの文庫のカバーを飾るという企画。この特別限定カバーは川端康成、太宰治、芥川龍之介、坂口安吾、島崎藤村、萩原朔太郎の6作品のみだったが、ゲームバージョンのカバーに掛け替えたことで、売り上げが大幅にアップ。萩原朔太郎の詩集に至っては、およそ1年間で売り上げる部数をわずか1か月で達成してしまうほどの人気だったそう。

「古典的な名作は長い時間をかけて売れるもので、短期間で一気に売れるものではないんです。これは明らかにコラボのおかげといえると思います」(新潮社文庫編集部・佐々木悠さん)

カバーそでにキャラクタープロフィールが掲載されたのもファンにはうれしかったよう。

ゲームに登場する萩原朔太郎とは…『月に吠える』『青猫』などの代表作を持つ日本近代詩の父。ゲームでは、人見知りだけどひとりになるのは嫌いなめんどくさいキャラクター。身なりに頓着しないので、寝癖で髪のあちこちが跳ねたままになっている。

■ タイミングの奇跡。太宰治の失われた生原稿が発見。

紛失していた『斜陽』の直筆の原稿が発見され、新潮社に持ち込まれたのは昨年のこと。ちょうどその頃『「文豪とアルケミスト」文学全集』の編集中だったこともあり、原稿は全集に掲載されることに。生原稿は出版と同時期に開催された「文豪たちと新潮社」展でも展示された。「生原稿だから、何回か表現を直しているのが見えるんです。本は現在形の文章だけれど、最初の原稿段階では過去形で書いていたと知った時は感動しました」と、佐々木さん。

展示会には文学愛好家に交じり、ゲームのファンとみられる女子中高生も多数訪れ、ガラス越しの生原稿に息を呑んでいたとか。

「編集者として、若い子が夢中で展示を見ている姿は、励みになりました!」

■ 気合が生んだ奇跡!?  熱意に駆られて、社内プレゼン!

「もともとゲーム会社と出版社のどちらに就職するか悩んだほどのゲーム好き。『文豪とアルケミスト』は、やり始めてすぐハマりました」と語る佐々木さん。彼女の熱意がコラボに消極的だった上司の心を動かした。そのきっかけとなったのは、あの文豪。

「実際にゲーム画面を見せながら社内でプレゼンしていたら、ずっと欲しかった最高レア度の芥川龍之介を入手してしまったんです! ゲットした瞬間は興奮して、つい上司の前なのに絶叫しました。でもおかげで、このゲームを楽しむ女の子たちの勢いや情熱が、ゲームに疎い上司にも一瞬で伝わったようです。絶叫するほど面白いのかって(笑)。今、新潮社で『文豪とアルケミスト』のコラボができているのは芥川先生のおかげです!」

ゲームに登場する芥川龍之介とは…『羅生門』『地獄変』『藪の中』など数々の名作を残す。ゲームでは、一見ドライな顔をしているが、天然なところがある人物として描かれている。もっとも入手するのが難しい、レア度の高いキャラクターのひとりとして知られる。

※『anan』2018年8月8日号より。取材、文・尹 秀姫

あなたにおすすめ