台風13号 警戒期間 猛烈な雨や風の恐れ

日直予報士

2018/8/7 18:45

強い台風13号は8日夜から9日明け方にかけて強い勢力を維持し、関東地方に接近、上陸の恐れ。関東や東北は猛烈な雨や猛烈な風の恐れ。

●台風13号 強い勢力で接近・上陸か

強い台風13号は8日(水)夜から9日(木)明け方にかけて強い勢力を維持し、暴風域を伴ったまま、関東にかなり接近、上陸する恐れがあります。その後は進路を東よりに変えて、9日(木)には東北地方の太平洋側付近を北上する予想です。関東や東北では太平洋側を中心に大荒れの天気となるでしょう。

●猛烈な雨や猛烈な風の恐れ

大荒れのピークは関東地方は8日の夕方から9日の明け方にかけて、東北は9日の朝から昼過ぎにかけてです。
ピーク時には非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨となる恐れがあります。9日18時までの24時間雨量は多い所で、関東は300ミリから400ミリ、東北は200ミリから300ミリの予想です。沿岸部ほど雨量が多くなる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、氾濫、地下街などの低い土地の浸水に厳重に警戒が必要です。アンダーパスなどの道路の冠水にも警戒が必要です。
8日の夕方からは暴風となり、9日には沿岸部を中心に猛烈な風が吹き荒れる恐れがあります。海上は猛烈なしけとなりますので、海岸付近に近づかないようにして下さい。年間で潮位が高い時期にあたりますので、高潮にも警戒が必要です。
大荒れの期間には交通機関が乱れる可能性もありますので、交通情報にも注意が必要です。お盆休みに近づき、移動も増える時期ですが、お出かけ前に空の便や高速道路の状況もチェックして下さい。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス