彼氏とケンカしないために普段から心がけたい7つのこと




些細なケンカが激化して、彼と距離ができてしまった……という経験がある女子もいるでしょう。ケンカが変に長引くと、仲直りのチャンスがなかなかないですよね。できれば、大好きな彼とはケンカしたくないはず。
そこで今回は、彼氏とケンカしないために普段から心がけておきたいことを紹介。お互いこれができれば、そうそうケンカも勃発しないのでは?

彼とケンカしないために心がけたいこと

過去の話を蒸し返さない

過去にケンカの原因になったことを蒸し返すのはケンカの元。彼にイラっとした時に、昔彼にされて嫌だったことなどを持ち出したくなることもあるでしょうが、すでに解決していることであるなら蒸し返すべきではないです。
“今のケンカの原因にだけ”フォーカスして話し合いましょう。

普段から「ありがとう」「ごめん」を言う



まず、普段からお互い「ありがとう」と「ごめん」が言えているのなら、ケンカもそう起こらないと思うのです。「言わなくてもわかるだろう」とか「言うの恥ずかしいし」とかで言わないから何かをきっかけにケンカになるのでは……?
馴れ合いな感じになっても、日頃からお互い素直に「ありがとう」と「ごめん」は言ったほうがいいかもしれません。

過剰に干渉しない



恋愛において束縛や嫉妬は薬にもなるし毒にもなります……。少々の束縛や嫉妬はちょっとうれしいですよね? でも過剰な束縛や嫉妬は自由がなくなり息苦しく感じるもの。となれば、ストレスもたまって怒りを相手にぶつけてしまうこともあるでしょう。そうならないためにも普段から過剰に干渉し合わないことです。

必要以上に相手を責めない

相手に非があっても必要以上に責め立てないことです。イライラしちゃうとつい必要以上にきついことを言ってしまったりすることもあるでしょうが、きついことを言ってしまうとケンカが激化する可能性が。
些細なケンカを大きくしないためにも必要以上に責めないことです。むしろ相手が反省したらすぐ許しましょう。

相手の話は最後まで聞く

相手が話し終わる前にかぶせて話し出すのもケンカの元になるかと。言い合いをしている時って、相手が話し終わる前に反論したくなったりしますよね。けど、それがケンカを長引かせる原因にもなってしまうので、相手の言い分は最後まで聞いたほうがいいでしょう。
むしろ反論せず聞いていたら、相手も徐々に冷静になって普通に話し合いできるようになりますから。

察してもらおうとするのではなく言葉で伝える

「なんで彼はわかってくれないの!?」と彼が鈍感なのか、全然気持ちを察してくれないからイライラしてついケンカになってしまう……ということもあるでしょう。けど、察してもらおうとするのではなく言葉で伝えた方が彼的にもありがたいかと。
女子が思っている以上に男子は女子の気持ちを察することができないんです、きっと。

相手の地雷は知っておく

お互い怒りの地雷ポイントは知っておいたほうがいいです。お互い地雷ポイントを知らずに踏んでしまうから、ケンカになってしまうわけで……。
地雷さえ踏まなければ、ある程度は平和に付き合っていけるはずですから!

あなたにおすすめ