小泉今日子 主演『食べる女』最新コメント動画到着&本ポスタービジュアル解禁

AbemaTIMES

2018/8/7 17:37


 この度、9月21日(金)公開、映画『食べる女』(配給:東映)の本ポスタービジュアルが解禁され、さらに小泉今日子、沢尻エリカ、鈴木京香の最新コメント動画が公開された。


 小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と今を代表する豪華女優陣の共演が大きな話題となっている映画『食べる女』。本作は、筒井ともみ著『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)の短編集を筒井自身が脚本化した作品だ。

今回解禁された本ポスタービジュアルには、豪華女優陣が映画のキーアイテムとなる「卵かけごはん」を食べている場面がお椀型に切り取られている。本作は、豪華女優陣が演じる年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちが、それぞれが孤独を抱えながらも違う形の幸せを模索してせわしない日々を送る姿を通し、 <食>と<性>をテーマに、自分が本当に食べたいものを食べ、本当にしたい恋愛をして、“自分の人生を、自分自身を味わいつくす”ことの大切さを描いている。「恋。してみなくちゃわからない。ごはん。食べてみなくちゃわからない。だから、やってみよう!! 」のコピーの通り、すべての女性にエールを送る作品となっている。

さらに小泉今日子、沢尻エリカ、鈴木京香が食や撮影現場について語る最新コメント動画が到着。今回主演を務め、“モチの家”の主人としておいしい料理を作り女性陣を出迎える“トン子”を演じた小泉は、「若い頃より断然食べることは楽しくなってきています。今の方が食べることが好き!」とコメント。男を寄せ付けない書籍編集者・ドドを演じた沢尻は、撮影現場の雰囲気を聞かれると「とてもよかったです!特にみんなで集まって食事をするシーンは、みんな友達なんじゃないかというぐらい自然で、今までに味わったことがないような現場でとても楽しかったです」と笑顔で答えた。また、ごはんやの女将・美冬を演じた鈴木は“映画に出てくる料理で印象に残ったもの”を聞かれると「アジのサワークリーム和え」を挙げ、「他の料理も、映画を観てくださった方にはすぐ真似してもらえる料理ばかりだと思います」と映画の見どころを語った。

ストーリー
 とある東京の古びた日本家屋の一軒家、通称"モチの家"。家の主は雑文筆家である、古書店を営む・敦子(トン子)。女主人はおいしい料理を作って、迷える女たちを迎え入れる。男をよせつけない書籍編集者、いけない魅力をふりまくごはんやの女将、2児の母であり夫と別居中のパーツモデル、ぬるい彼に物足りないドラマ制作会社AP、求められると断れない古着セレクトショップ店員、料理ができないあまり夫に逃げられた主婦、BARの手伝いをしながら愛をつらぬくタフな女……。今日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女たちの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まる。

(C) 2018「食べる女」倶楽部

あなたにおすすめ