SKY-HI、ミニアルバム『FREE TOKYO』無料配信&いとうせいこうとの対談公開

OKMusic

2018/8/7 16:00

SKY-HIの6曲入りミニアルバム『FREE TOKYO』の無料配信が、自身のメジャーデビュー5周年を迎える8月7日(火)から8月20日(月)までの期間限定でスタートした。この作品は完全セルフプロデュースとなっており、自身のスタジオ“THE LAB -OVERTURE-”で全曲のトラックメイキング、レコーディングを行なっている。

そして今作には、これまでも数多くのコラボレーションをおこなって来た盟友・SALU、韓国出身・大阪在住で自らの経験を落とし込んだ現代社会が向き合うべきリアルが込められた楽曲が話題のMoment Joon、Weny DacilloやNormcore Boyzなどが所属し注目が集まるクルー“Tokyo Young Vision”のラッパーHideyoshi、長い沈黙を破り新たな形でシーンに姿を現したNovel Core、韓国で確固たるPROPSを集めシーンを代表するレーベル“Hi-Lite Records”で今もっともHOTなラッパー・Reddyといった、自身の活動を通してリンクしていった国内外のアーティストが客演として参加。まさにSKY-HIがこれまでの経験によって培われたラッパー/プロデューサーとしてのスキルが詰まった作品だ。なお、無料配信期間後となる8月21日(火)以降は各種配信とサブスクリプションサービスでの配信も予定している。

また、本作品のティザー映像『Free Tokyo -Teaser Movie-』も同時に公開された。「Free Tokyo」は自身がラッパーとして歩んで来た道のりと、この先の未来に向かって行く強い意志が込められた楽曲で、映像は東京の夜景を背景に前半をアカペラ、後半を自作のBEATに乗せて力強く放つパフォーマンスシーンをワンカメで撮影したシンプルながらもエモい仕上がりだ。

さらに、MIX TAPEの発表に合わせて、日本語RAPのオリジネーターで今もシーンの重要な役割を担う、いとうせいこうとの対談も特設ホームページに公開された。こちらは6月29日にテレビ東京『流派-R since 2001』で放送されたものの完全版となる内容。日本のHIP HOPシーンの中心に位置しながらも、独自のスタンスでRAPを新たな表現手段へと昇華させるオンリーワンな存在の二人が、現在そして過去と未来を見据え、改めてHIP HOP/RAPとは何か、時代や社会にHIP HOPが持つ可能性について世代を超えて語る貴重な対談となっている。こちらも『FREE TOKYO』と併せて要チェック!

■『FREE TOKYO』リリース記念対談 SKY-HIといとうせいこうが語る“ヒップホップ”
https://avex.jp/skyhi/special2.php

■【SKY-HI コメント】

「ビートを打ってラップする、それをフリーであげて名前を売る、18,9からやっていた事と何も変わらない事ですけど、このタイミングで改めてもう一度やりたい事でもありました。半ば死に体と言われる日本のメジャーシーンの中で、これを面白がってくれるスタッフが周りにいるのは本当に有難い限り。くだらない既成概念や凝り固まった偏見に囚われるなよ。FREE TOKYO」

ミニアルバム『FREE TOKYO』

2018年8月7日~8月20日まで期間限定配信中

\n<収録曲>
1.Free Tokyo
2.Name Tag feat. SALU & Moment Joon
3.What are you talking about? feat. Hideyoshi & Novel Core
4.I Think, I Sing, I Say feat. Reddy
5.Dystopia
6.The Story Of “J”

■フリーダウンロードはこちらから
https://soundcloud.com/freetokyo20180807/

\n

あなたにおすすめ