綾瀬はるか「ぎぼむす」見逃し配信も絶好調 義母の娘思う一生懸命さが共感呼ぶ

 綾瀬はるか(33)主演のTBS連続ドラマ「義母と娘のブルース」(火曜後10・00)が見逃し配信でも好調だ。これまで4話が放送され、4週合計で420万再生を突破。同局歴代トップの数字を叩き出した4月期「花のち晴れ~花男 Next Season~」(4週合計約537万再生)に迫る勢いで数字を伸ばしている。

 平均視聴率も初回=11・5%と好スタートを切り、第2話=11・3%、第3話=12・4%、第4話=12・2%と推移(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。リアルタイム視聴でも好調だが、見逃し配信でも驚異的な数字をマークしている。

 原作は桜沢鈴氏の同名4コマ漫画。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマン・亜希子と、結婚相手・良一(竹野内豊)の連れ子である8歳の娘・みゆき(横溝菜帆)とのほのぼのした日常を描く心温まる物語で、ドラマでは義母と娘がともに成長する10年間を描く。娘のために腹踊りを全力で披露したり、PTAに参戦&組織改革に乗り出すなど、亜希子の不器用で一生懸命な姿が共感を呼び、大きな話題となっている。

 7日放送の第5話では、良一が突然の入院。不安に思うみゆきのために、妻として母として気丈に振舞う亜希子だが、入院中の良一の世話もろくに出来ない状態に。そんな中、良一の代わりにプレゼンを成功させるというミッションが発生し、深まりつつあった親子3人の関係に新たな波紋が広がることとなる。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス