吉高由里子、木村拓哉&二宮和也との共演作『検察側の罪人』試写会感想を“吉高節”で語る「波がザブーン」

AbemaTIMES

2018/8/7 17:40


 女優の吉高由里子が8月6日、自身が出演している新作映画の完成披露試写会について報告。その際、当日の感想をかなり独特な表現で語り、ファンの間で話題となっている。

 これは同日、吉高が自身の公式twitterに投稿したもので、この中で彼女は、「検察側の罪人 完成披露試写会 ありがとうございました」と、俳優・ 木村拓哉と嵐・二宮和也と共演する映画『検察側の罪人』の完成披露試写会について語りはじめると、「さすが4000人 ぎゃぁぁぁぁぁあああの 波がザブーン ひゅーん ひょぉーん ドレスはたまに着るから うきうきするんだろうなぁ 脱いだ瞬間 へろーん」と、吉高流の個性的な表現で、その感想をコメント。

そのため、この投稿を見たネット上のファンからは「擬音語が、面白い!びろ~ん」「へろーんに笑っちゃいました」「へろーーん笑」「何のこっちゃかいな」「へろーん、とな?」「由里子ちゃんのツイート、いつも何度も読み返しちゃう」「ぴろーん ぴろぴろーん ぺろーん」と、彼女が呟いた特徴的なフレーズをはじめ、なんとも個性的な言葉が並ぶ“吉高節”に、強い関心を寄せるファンが続出することとなった。

また、こうした声に加え、男性ファンからは「脱いだ瞬間 とかやめろ!!想像してしまうじゃないか」「サービス精神旺盛?色んな妄想が。。。」「ぬ!脱いだ瞬間…」と、どうやら“あらぬ妄想”をかきたてられた様子のコメントも。

日頃から、その個性あふれるキャラクターと演技で、ドラマに映画にCMにと大活躍中の吉高。今回の投稿は、まさにそんな彼女ならではの魅力が感じられる内容であったと言えそうだ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス