『仮面ライダージオウ』スピンオフ配信決定、"朗読劇スタイル"の実験的な映像に


平成仮面ライダー20作品記念として、2018年9月2日より放送スタートする特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』の番組本編と連動した、スピンオフシリーズ『仮面ライダージオウ 補完計画』が、映像配信アプリ「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」で配信されることが明らかになった。

『仮面ライダージオウ』のモチーフは「時計」。時空を旅して戦う「タイムトラベルライダー」である。仮面ライダージオウは変身ベルト 「ジクウドライバー」に、変身アイテム「ライドウォッチ」を装填することで変身するのだが、歴代の平成仮面ライダーの力を秘めたライドウォッチで、平成ライダーのアーマーを装着することができるのだ。全ての平成仮面ライダーの力を使うことができるジオウは、まさに2000年から始まった「平成仮面ライダー」20作品分のパワーを持つヒーローとなっている。さらに驚くべきことには、主人公であるジオウ自身が未来の世界では魔王として君臨しているという設定。主人公自身がラスボスである運命が待っているという。

『仮面ライダージオウ 補完計画』には、本編にも登場する主演の奥野壮をはじめ、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らメインキャストが出演。台本を持ちながら読み上げる"朗読劇スタイル"の実験的な映像に、ジオウキャストが挑む。果たして気になる台本の内容は……? そして、補完計画の全容は……!? 現在わかっているのは、補完計画を見ることで、『仮面ライダージオウ』をより深く知ることができる内容になっているという。9月2日(日)午前10:00より"1.5話"として配信される。

(C)2018石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

あなたにおすすめ