ブガッティ・シロンに高い開放感と強度を誇る新オプションの「スカイビュー」を追加設定

clicccar

2018/8/7 16:03


ブガッティは、3億円を超えるといわれるスーパースポーツモデルであるシロンに、新オプションの「スカイビュー」を追加すると発表しました。

こうしたスーパースポーツカーでも空を眺め、ルーフから差し込む陽の光を楽しみたいというオーナーのために、新オプションの「スカイビュー」を追加し、受注を開始したそう。

「スカイビュー」は、ドライバーおよびパッセンジャーシート上部のルーフに、長さ65cm、幅44cmの2枚の固定ガラスパネルが装備されるオプション。 薄い4層のガラスからなるこのガラスパネルは、新開発のラミネート構造を採用。

4つの各層にはそれぞれの役割があり、走行時の不快なノイズが軽減されるそうです。また、車内を快適な温度に保つために赤外線を反射し、着色ガラスにより眩しさを抑え、プライバシーも保護。

そして、有害な紫外線(UV-AおよびUV-B)をカット。ラミネート構造はルーフパネルを強化する役割も担っていて、クルマ全体の強度と衝突安全性能はそのままに、シロンの優れた構造特性が確保されるとしています。

なお、「シロン スカイビュー」のヘッドクリアランスは、標準仕様のシロンより27mm広くなっているそう。 ブガッティは、2018年8月末にアメリカ カリフォルニアで開催されるモントレー・カー・ウィークにて「シロン スカイビュー」の公開を予定しています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

新車価格・約3億6000万円!100台目のブガッティ・シロンがラインオフ。オーナーは誰?
https://clicccar.com/2018/05/30/594666/

あなたにおすすめ