若槻千夏、バラエティ番組への考え明かす「いろんな声を受け止めながら…」

モデルプレス

2018/8/7 15:52

【若槻千夏/モデルプレス=8月7日】タレントの若槻千夏が7日、自身のInstagramにてバライティ番組への自身の考えを明かした。

若槻は6日放送の日本テレビ系バラエティー番組「女が女に怒る夜 猛暑を吹き飛ばせ!女だらけの愚痴祭り」(よる9時~)に出演。「女性が女性に対して感じている不平不満を吐き出しまくる」という同番組で若槻は、グラビアアイドルが有名なディレクターにボディタッチをするなどして媚を売っていることを暴露。その他にも、自身が嫌いな女性の行動などについても赤裸々に自身の思いを話していた。

翌日、若槻はInstagramにて放送に対する意見が賛否両論、数多く届いていることを告白。続けて「いろんな声を受け止めながらもきっと変わらずダラダラ生きていくのでしょう」とコメントし、「なぜならバラエティーはサクラダファミリア。少しずついい形にしながら完成させていけば良いのです。好かれても嫌われても私は喋り続けるのです。完成する日を夢みて」と自身のバラエティへの考えを明かした。

◆若槻千夏のバラエティ番組への考えに反響



コメント欄には「千夏ちゃんがズバッとした意見良かったです!」「バラエティ番組だから色んな人が居てこそ面白くなるんだと思いますよ」「これからも喋り続けてください!」「千夏ちゃんは千夏ちゃんのそのままの素な感じが良いと思います」「大変なお仕事かと思いますが、ハッキリ意見を言ってた若槻さんはかっこよかったです」などの反響がよせられている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス