視聴率が低下の「鉄腕DASH!!」スタッフの横暴にネットが怒る

まいじつ

2018/8/7 16:00

TOKIO
画/彩賀ゆう(C)まいじつ

7月29日に放送された日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』は、イモトアヤコ安室奈美恵と夢の対面を果たしたことが大きな話題となり、平均21.5%の高視聴率をマークした。

その一方で、1つの前の時間帯に放送されている『ザ!鉄腕!DASH!!』の低迷が目立っている。

同番組の7月放送5回の平均視聴率は、それぞれ1週目から14.2%、13.9%、14.0%、13.6%、13.8%。事務所を解雇された『TOKIO山口達也が脱退した直後の回の視聴率は20.8%と高い視聴率をマークし、その後も15%超えが続いていたのだが、7月に入って様相が変わってきたのだ。

山口は鉄腕ダッシュの人気企画、DASH島の作業やDASH海岸での調査に欠かせない中心人物だった。山口の不在が影響しているのは一目瞭然だろう。新企画である「俺たちのDASHカレー」をスタートさせるなどテコ入れを図っているが、残念ながら視聴率には反映されていない。

ネット上では、やはり山口の事件の影響が思った以上に大きいことをうかがわせる。

《気の良いおっちゃんらが頑張ってるのを家族で見てまったり応援する番組だったのに、むしろ家族で見る層こそ避けるようになっちゃったからな ひとりでじっくり見る番組でもないし、イメージでもってたところは大きかったんだな》
《あれだけのことかあったのに何事も無かったように番組が続いてることに薄ら寒さを覚える ちょっとイメージが悪いわ》
《山口のせいでTOKIOのイメージ落ちたからだろ 特に被害者の事考えずに男気だの昔語りだのしたリーダーは見損なったわ…》
《山口騒動で人気落ちないのがおかしいだろ TOKIOもジャニーズも一連のやらかしで人気落ちてるんだよ》


山口事件以前にもスタッフが騒動を…


思い出せば、鉄腕ダッシュは山口の事件の前に、スタッフが騒動を起こしていたことがあった。

昨年の9月に放送された幻の魚ともいわれる「オオカミウオ」を北海道・オホーツク海で捕獲し、地元の料理人と共に調理する企画の際、北海道斜里郡のある漁業者の仕事場で調理シーンが撮影された。そのときに番組スタッフが調理後の後片付けを一切せず、床やシンクに生ゴミを放置したまま立ち去っていたと男性漁師に明かされた。

この男性漁師がツイッターで「オオカミウオは釣れても、お片付けはできないようです。」とつぶやき、一部ネットメディアで報じられたのだ。

この件はツイートした男性が「日本テレビから謝罪があった」と報告して終息したが、他にも同番組のスタッフに対しては「叔母もダッシュ出たことあって、3時間くらい遅れたのを待たされた揚げ句、遅れた分の撮影も付き合えみたいなこと言われてめっちゃ怒ってた」などというツイートもあった。

テレビ局スタッフによるマナー違反はよく言われているが、ネットで拡散される時代だからこそ気を付けないといけない。それは視聴率の良し悪し以前の問題だろう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ