どうやって食べるの?気になる「ビーツ」のお料理5選

レシピブログ

2018/8/7 16:00

「食べる輸血」と呼ばれるくらい栄養価の高い「ビーツ」。名前を聞いたり、お店で食べることはあっても、おうちで調理する機会はあまりありませんよね。そこで今回は、まだまだ身近な野菜ではないビーツのお料理をご紹介!皆さんのレシピを参考に、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

■ビーツのお漬け物


ビーツの簡単お漬け物
by ウェルネスアドバイザーmihokoさん
15~30分
真っ赤なビーツの漬け物は存在感たっぷり!作り方も、塩茹でしてから砂糖とレモン汁で漬けるだけと、とってもかんたんですよ♪

レシピをチェック!>>

■ビーツのポテトサラダ


ビーツのポテトサラダ
by Miraさん
15~30分
人数:5人以上
ビーツとポテト、サワークリームなどを混ぜたピンク色のサラダです。作り置きしても味や色が変わらないので、持ち寄りにもおすすめ!

レシピをチェック!>>

■赤ビーツのスープ


赤ビーツのスープ
by ミササカナさん
30分~1時間
人数:4人
ビーツと玉ねぎ、にんじんなどを煮込んでミキサーにかけます。時間は掛かりますが、甘酸っぱい爽やかな味わいでやみつきに!

レシピをチェック!>>

■ビーツとにんじんのビネガーきんぴら


夏のスーパーフード!ビーツで♪ ビーツとニンジンのまっ赤な太陽ビネガーきんぴら
by SHIMAさん
5~15分
人数:4人
調理にやや時間がかかるビーツですが、細く切って炒めれば時短に!バルサミコ酢やマスタードなど、酸味を生かした味つけがポイントです。

レシピをチェック!>>

■ビーツのジェラート


☆簡単すぎてごめんなさい、なビーツのジェラート☆
by むらじゅんさん
糖度の高いビーツはデザートにするのもおすすめ!凍らせたバナナとビーツを、豆乳と一緒にミキサーにかけるだけでかんたんにジェラートが作れますよ♪

レシピをチェック!>>

ビーツ料理に欠かせない下茹で作業。必ず「皮つき」のままがポイントです!皮を剥いてしまうと栄養価が損なわれ、お鍋も真っ赤になってしまうので注意してくださいね♪

関連記事を「くらしのアンテナ」で読む

あなたにおすすめ