関ジャニ∞丸山隆平、6人体制の心境吐露 TOKIO松岡昌宏から金言も「すばるが成功して…」

モデルプレス

2018/8/7 15:23

【丸山隆平・松岡昌宏/モデルプレス=8月7日】TOKIOの松岡昌宏が、6日放送の関ジャニ∞の冠番組「ペコジャニ∞!」(TBS系/毎週月曜よる10時~)に初登場。関ジャニ∞の丸山隆平とともに、それぞれのグループについて本音で語り合った。

◆丸山隆平、6人体制で「ファンに対する誠意」



セルフシステムグルメを堪能する企画にて、立呑屋に入った2人。丸山は「すばるくんが出ていって6人になって」と今月グループから渋谷すばるが脱退し、ドームツアー「関ジャニ’s エイターテインメント GR8EST」より6人で再始動したことについてふれ「(初日の)札幌は正直僕も余裕がなかったので、(他のメンバーが)どんな表情をしているのかは見れなかった。でも名古屋3日間は、ちょっとずつメンバーの顔が見れるようになってきて、みんないい顔してましたね」と回顧。

自分を含むメンバーの様子について「もちろん応援してくれてるファンのみんなに安心してもらおうっていうのもあるかもしれないけど、自分たちも何回か公演を重ねていくにつれて整理がついてきて、ちょっとずつ飲み込んでいく」と変化を明かし、「こういう姿を見せることが、ファンに対する誠意なんじゃないか」と新体制を受け入れようとしてくれているファンへの真摯な思いを打ち明けた。

これに松岡が相槌を打ちながら「皆さんのおかげだから、ライブってパフォーマンスで安心してもらうしかない」と返すと、丸山は納得した表情で「最後にひとりひとり話をするんですけど、毎回言うことが違ったりして、その時々の気持ちがファンのみんなと面と向かって語る時間になる」とライブでの挨拶は、ファンと寄り添い合う大切な時間であると話した。

◆松岡昌宏、関ジャニ∞への思い



さらに、セルフ焼肉店で2人の本音トークは続き、松岡は「関ジャニ∞を見てておもしろいと思うのは、みんなそれぞれ意見があってキャラがあって。一番良いのは、村上(信五)とヨコ(横山裕)のキャラが違うから」と年上2人の性格が両極端であることが、関ジャニ∞の良い部分であると明言し、「似てるじゃん!国分(太一)さんと村上は。グループ内の中間管理職。揺るぎない部長」と自身のグループとも照らし合わせて表現。

そして「もちろん音楽性なんてみんな違う。関ジャニ∞もTOKIOも違うし、それはどこのバンドも一緒なんだけど、そんなことをグズグズ言ってたらグループなんてやっていけない」とグループの音楽性についても切り出し、「好きなことをすればいい。すばるが成功して、お前たちが成功するっていうのが絶対おもしろい」と今後の関ジャニ∞と渋谷の活躍に期待。丸山は先輩の言葉をひとつひとつ噛みしめるように頷いていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス