47歳・城島茂、久々のダンス仕事は「右肩が上がらなかった」

 TOKIOのリーダー・城島茂が7日都内で、「フォートナイト×TOKIO CMプレス発表会」にメンバーの長瀬智也と共にコスプレで登場。CM撮影で久々にダンスをしたことに関して「右肩が上がらなかった」と告白した。

【写真】フォートナイト×TOKIO CMプレス発表会フォトギャラリー

『フォートナイト(FORTNITE)』は、世界中で1億2500万人がプレイする人気バトルロイヤルゲーム。最大100人でのプレイが可能で、各種ゲーム機(PS4/Xbox One/Nintendo Switch)やPC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS)にてクロスプラットフォームで展開している。

城島と長瀬はこの日、出演する新CMで着用したゲーム内キャラクターのコスプレで登場。城島はランドセルを背負った恐竜風コスチュームに「普段なかなかこういう格好はできない」と笑って、まんざらでもない様子を見せた。

城島は、同ゲームをメンバー全員でプレイしたと明かして「メンバー4人そろうと、子供に戻ったみたいな感じになって、ギャーギャー言いながら楽しんでゲームをした」とほほ笑み、さらに「『島に降り立つ』という設定が大好物。島で何をするかとなった時に『生き残る!』という単純明快なアイデアが最高」と自身の“実体験”を交えてゲームの魅力をコメント。長瀬も「40代の男たちが全員コスプレして、一つの部屋でゲームをするのはなかなかレアなシチュエーション」と白い歯をこぼした。

CM内で披露する“エモートダンス”について、長瀬が「皆はじけていた。ジャニーズでもなかなか見ないダンスで、本当に体が踊っているような感じ。皆、頭のリミッターをカットしてやっていったのが面白かった」と振り返ると、城島は肩をさすりながら「久しぶりに踊った。右肩が上がらなかった」と47歳ならではの苦労を語り、報道陣の笑いを誘った。

TOKIOの二人が出演する『フォートナイト』の新CM「しナイト」篇、「プレイ」篇は、8月10日より全国放送スタート。

あなたにおすすめ