故マイケル・ジャクソン、60歳の誕生日を祝う招待制のイベントが開催 ジャクソン・ファミリーも出席

Billboard JAPAN

2018/8/7 13:40



マイケル・ジャクソンが存命なら2018年8月29日に60歳になっていた。残念がら彼は2009年にこの世を去ってしまったが、彼の60歳の誕生日を祝うイベント、【マイケル・ジャクソン・ダイヤモンド・バースデー・セレブレーション】が米ラスベガスで開催される。

マイケル・ジャクソンのエステート(管理財団)とソニー・ミュージックがまとめるこのイベントは、マンダレイ・ベイでシルク・ド・ソレイユによる『マイケル・ジャクソン・ワン』の公演が夕方から行われ、その後デイライト・ビーチ・クラブで高級アフター・パーティが開催される。世界中からファンが集まると予想されるパーティでは、マイケルのミュージック・ビデオにインスパイアされたインタラクティブな趣向が凝らされるようだが、この日の公演とパーティは完全招待制だ。

当日はマイケルの娘パリスと息子プリンスの他に、兄のジャッキー、マーロン、ティトも出席する予定となっている。

このイベントを通じマイケル・ジャクソン・エステートは、エリザベス・テイラーAIDS財団と協力して南マラウィに医療を提供する活動を行う。エリザベス・テイラーAIDS財団のアンバサダーであるパリス・ジャクソンは、人道的貢献を表彰する2018エリザベス・テイラー・レガシー・アワードを父のマイケルの代わりに受け取る。出席者はエリザベス・テイラーAIDS財団へ寄付をするよう呼びかけられている。

あなたにおすすめ